第34代学生会長 田端いずみ(2年生)

#

 PO学科は、3学年で30名弱と少人数、また年齢層は10代から30代までと幅広く、今まで経験してきた学校とは少し違う環境の中で学生生活を過ごしています。そんな環境だからこそ、お互いから刺激を受けることも多く、またPOになるという同じ目的を持った仲間同士、時には協力し切磋琢磨しながら日々学業に励んでいます。
 
 正直、国リハでの3年間は、息つく間もない程に実習や勉強の積み重ねの日々で、その中で目標を見失わない意志が必要だと感じることも多々あります。しかし、国リハにしかない恵まれた環境の中で、様々な経験を通し、達成感、充実感など、得られるものはとても大きいと感じます。
 
 実習では、実際の義足ユーザーの方々に授業モデルになっていただき,採型・義足製作・仮合わせをさせて頂く機会があります。モデルの方々を前にして、今相手が何を必要としているのか、自分の考えが相手の考えと一致しているか、配慮は行き届いているかと、手を動かしながら考え悩みますが、気配りや相手の気持ちを考える力、コミュニケーション能力など、技術や専門知識だけではない、義肢装具士を目指す上でとても大切なことを学ばせていただく貴重な経験になります。
 
 もちろん、勉強や実習だけでなく、私生活では休日をゆっくり過ごしたり、都内に出かけたり、アルバイトをしたり、クラスみんなでご飯を食べに行ったりと、それぞれが充実した生活を送っています。
 
 出身地も年代も様々な仲間と、授業内外で私たちのためにとことん向き合って指導してくださる6名の教官方と共に、厳しくも実りある学校生活を過ごしています!

#