フッター:
ページの先頭 本文へジャンプ
現在の位置
トップページ国立障害者リハビリテーションセンター自立支援局サービスの内容自立訓練(機能訓練・生活訓練)運転訓練と評価内容のご紹介 >運転基礎感覚評価表(習熟訓練用)
ナビゲーションおわり

運 転 基 礎 感 覚 評 価 表(習熟訓練用)


  評価
項目
評 価 の 課 題
発進

停止
①前進・後退及び駐車のための操作は安全、円滑にできるか。
(操作の仕方は分かるか、ブレーキペダルを操作してからチェンジレバーを操作しているか、駐車ブレーキ、チェンジレバーの操作を忘れていないかを観察する。)

 
②発進・駐車時に合図を出しているか。
(発進や駐車をする前に合図を出すかを観察する。)
③右左折時に合図を出しているか。
(合図時機の良否ではなく、合図の出し忘れはないかを観察する。)
④進路変更時に合図を出しているか。
(合図時機の良否ではなく、合図の出し忘れはないかを観察する。)






⑤発進時、目視またはミラーで安全確認をしているか。
(安全確認を忘れないか、発進直前に確認しているかを観察する。)
⑥交差点で左右の安全確認をしているか。
(左右の安全確認を忘れないか、見通しの悪い交差点で確認しているか、右折・右カーブ時に右方を、左折・左カーブ時に左方を目視で見ているかを観察する。)
⑦前方を注視の状態で左横、右横を注意することができるか。
(前方注視の状態で左側及び右側にある標識ポール等と、運転している自動車の前端、または、運転席と合わせることができるかを観察する。)

 

 

 

 

 
⑧常時、左側通行ができるか。
(特に、右左折や狭路通過後に右側通行をしないか観察する。)
⑨道路左端に駐車することができるか。
(ミラーは使用せず前方注視の状態で、脱・接輪をしないで寄れるかを観察する。)
⑩道路の左端を約30km/h以上の速度で直進走行することができるか。
(ミラーは使用せず前方注視の状態で、車が左右へふらつかず、脱・接輪をしないで左端を直進できるかを観察する。)
⑪左側及び右側の障害物と間隔を保つことができるか。
(前方注視の状態で立体障害物の横を通過する時に、直近、1m、2mの間隔が保てるかを観察する。)
⑫右左折、カーブの走行位置は安定しているか。
(大回り・小回りをしないか、同じ場所の曲進路で走行位置が大きく乱れないかを観察する。)
⑬右左折時に進路変更をしているか。
(進路変更することを忘れていないか、合図をする前に進路を変えていないかを観察する。)
⑭進路変更後に安定した進路を保つことができるか。
(寄り幅は安定しているか、走行位置を保てるか、ふらつかないかを観察する。)



⑮走行場所に応じてメリハリのある速度で走行することができるか。
(低速走行をしてないか、直線路で加速するか、右左折・カーブ・狭路へ進入する時に減速の遅れはないか、速度を保てるかを観察する。)

国立障害者リハビリテーションセンター(自動車訓練室)

本文おわり:
ページの先頭に戻る(z) ページ先頭へ   運転訓練と評価内容のご紹介に戻る(o) ↑