フッター:
ページの先頭 本文へジャンプ
現在の位置
トップページ国立障害者リハビリテーションセンター自立支援局サービスの内容自立訓練(機能訓練・生活訓練)運転訓練と評価内容のご紹介 >自動車に表示する標識(マーク)
ナビゲーションおわり

自動車に表示する標識(マーク)


標識の形標識名意味効果表示義務
画像:身体障害者標識
2001年〜
身体障害者標識肢体不自由を理由に免許に条件が付されている方が運転している。幅寄せ、割り込みの禁止努力義務
画像:視覚障害者標識
2008年〜
聴覚障害者標識聴覚障害(10m離れた所で90デシベルの警音器の音が聞こえない方)を理由に免許に条件が付されている方が運転している。幅寄せ、割り込みの禁止義務
画像:初心運転者標識
1972年〜
初心運転者標識普通免許を受けて1年経過していない運転者が運転している。幅寄せ、割り込みの禁止義務
旧マーク
1997年〜2010年

画像:高齢運転者標識
2011年〜
高齢運転者標識70歳以上の運転者が運転している。幅寄せ、割り込みの禁止努力義務
画像:国際シンボルマーク
1969年〜
国際シンボルマーク障害のある人々が利用できる建築物や公共輸送機関であることを示す世界共通のマーク。障がい者が利用できることが分かる。一定の要件を満たした施設などに表示することができる。
注意事項
【国際シンボルマークの使用について】
・個人の車に表示することは、国際シンボルマーク本来の主旨とは異なります。
・障害のある方が、車に乗車していることを、周囲にお知らせする程度の表示になります。
・したがって、個人の車に表示しても、道路交通法上の規制を免れるなどの法的効力は生じません。
・駐車禁止を免れる、または障害者専用駐車場が優先的に利用できるなどの証明にはなりませんので、ご理解の上ご使用下さい。
(日本障害者リハビリテーション協会)

国立障害者リハビリテーションセンター(自動車訓練室)

本文おわり:
ページの先頭に戻る(z) ページ先頭へ   運転訓練と評価内容のご紹介に戻る(o) ↑