フッター:
ページの先頭 本文へジャンプ

サイトマップ English テキスト画面
現在の位置
トップページ >国立障害者リハビリテーションセンター自立支援局
ここから本文  本文を飛ばす
目次
目次おわり:
b.
 
自立支援局の紹介写真を表示しています

自立支援局の紹介
サービスの内容
自立支援局の各施設を表示しています 函館視力障害センター ホームページ 国立障害者リハビリテーションセンター 自立支援局ホームページ 福岡視力障害センター ホームページ 秩父学園 ホームページ 神戸視力障害センター ホームページ 別府重度障害者センター ホームページ
c.

自立支援局の紹介


基本理念
私たちは、利用者の基本的人権を尊重します。
私たちは、利用者の自立と主体性を尊重したサービスを提供します。
私たちは、利用者が社会の一員として、あらゆる活動に参加できるよう支援します。

施設の基本方針
  障害者基本法、社会福祉法の基本理念に基づき、障害者総合支援法に規定される障害者、及び児童福祉法に規定される知的障害のある児童がその有する能力及び適正に応じ、自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、必要な障害福祉サービスに係る支援を行い、もって障害者の福祉の増進を図るとともに、障害の有無にかかわらず誰もが相互に人格と個性を尊重し安心して暮らすことのできる地域社会の実現に寄与することを目指します。

事業内容
 自立支援局では、障害者総合支援法に基づく「指定障害者支援施設」、及び児童福祉法に基づく「福祉型障害児入所障害児入所施設」において各種福祉サービスを提供しています。
 事業サービスの種類は自立訓練(機能訓練)(頸随損傷)、自立訓練(機能訓練)(視覚)、自立訓練(生活訓練) (高次脳機能障害等)、就労移行支援、就労移行支援(養成施設)(視覚)、の5つの事業及び施設入所支援のサービスを提供しています。
 また、秩父学園は、「福祉型障害児入所施設」の支援に加え、在宅の発達障害児の支援の充実を図るためのサービスを提供します。

サービスの内容


 <昼間実施サービス>

頸髄損傷者のより良い生活に向けて
主に頸髄損傷による四肢麻痺の方を対象に、医学的管理の下、理学療法、作業療法、運動療法、パソコン訓練などを行います。
「見えない」「見えづらい」でお困りの方へ
視覚に障害がある方に対して、自立した社会生活を送るために必要な移動訓練、日常生活訓練、コミュニケーション訓練、職業準備訓練等のサービスを提供いたします。
高次脳機能障害のある方がいきいきと暮らすために
主に高次脳機能に障害がある方に対して、自立した社会生活を送るために必要な移動訓練、日常生活訓練、コミュニケーション訓練、職業準備訓練等のサービスを提供いたします。
 
障害のある方の「働きたい」を支援します
主に身体に障害がある方に対して、一般就労を目標に社会生活上必要な訓練と作業能力の習得を目標としたサービス等を提供いたします。
 
「患者さんの心身を癒すプロ」そんな東洋医学の治療家になりませんか
視覚に障害のある方に対して、あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師の国家資格の取得を目的としたサービス等を提供いたします。

 <施設入所支援>

就労移行支援や自立訓練等のサービスが効果的に活用出来るように、通所が困難な方に夜間等における居住の場を提供いたします。

 <福祉型障害児入所施設>

重度の知的障害や発達障害のある児童等に対して、保護、日常生活の指導及び独立自活に必要な知識技能の取得に対する支援を提供いたします。
 


本文おわり:
ページの先頭に戻る(z) ページ先頭へ   トップページに戻る(o) ↑
フッター:
問い合わせ先(c) 国立障害者リハビリテーションセンター,all rights reserved.
〔所在地〕 〒359-8555 埼玉県所沢市並木4丁目1番地 〔電話〕 04-2995-3100(代) 〔FAX〕 04-2995-3102(代)
ページおわり: ページの先頭に戻る