1.秩父学園発達診療所について(お知らせ)

秩父学園では、平成12年に保険医療機関としての「秩父学園発達診療所」を開設し、これまで12年間にわたり、在宅の知的障害、自閉症及び発達障害のある児童を対象とした外来診療及び通園療育事業を実施してきました。

また、秩父学園は、平成22年度に国立障害者リハビリテーションセンター自立支援局に統合され、現在、中期目標に沿って組織の再編を進めてきています。

この再編に伴い「秩父学園発達診療所」の診療部門については、地域における発達障害の専門医療機関等の普及を踏まえ、平成25年3月をもって廃止することとなりました。

なお、秩父学園におきましては、今後も国立唯一の障害児施設としての使命を果たすため、現在、実施している「通園療育事業」を拡充するとともに、新たな療育システムの導入等、在宅の障害児とそのご家族の一層の療育支援に努めていくこととしています。

関係の皆様には、これまでの「秩父学園発達診療所」の運営に際し、ご支援とご協力をいただきましたことについて、心より感謝申し上げます。

平成24年6月吉日


表紙|お知らせ|学園紹介|入園|ボランティア募集
交通案内|調達情報
|リンク