音声ブラウザ対応ページへコンテンツエリアへ
文字のサイズ文字を小さくする文字を標準サイズにする文字を大きくする表示色の変更標準の表示色にする表示色1にする表示色2にする
発達障害に気づくこんなとき、どうする?発達障害を理解する発達障害者を支える、さまざまな制度・施策日本の取り組み・世界の動き相談窓口の情報発達障害に関する資料

こんなとき、どうする?


心配なことがあるとき、どうすればよいのかについて、具体的な例をQ&A形式でご紹介します。
 

青年・成人期

  
 

Q2.働きたいが、仕事をやれる自信がないBさん

 
Question2
 私(B、男性)は、企業に勤めていましたが、先日やめてしまいました。私は、手先が不器用で体の動きが固いため、一生懸命取り組んでいるにもかかわらず、作業スピードがいつまでたっても早くなりませんでした。それを同僚や上司にいつもきつく指摘されてきました。結局、仕事についていけず、やめることにしました。私が働ける仕事はあるでしょうか。
 
Answer2
今日からできること
 自分に向いている仕事(職業適性)を知ることは大切です。成人になってから、あらためて自分の職業適性を知るとなると、これまでがんばってきたことを否定するように感じられたり、なぜもっと早く自分の適性を確認できなかったのかと後悔の気持ちがわいてきたりする方がいるかもしれません。しかし、この先、職業適性を参考にして、あまり無理なことに取り組むのではなく、力が発揮できる領域でやっていこうとすることは、Bさん自身が楽になるだけではなく、周りの人からの信頼感を高めていくことにもつながります。今回の質問があらためてご自分の適性を知る機会につながるとよいですね。

 
リンク・著作権についてプライバシーポリシーアクセシビリティについてこのサイトの使い方お問い合せ先ホームへ