音声ブラウザ対応ページへコンテンツエリアへ
文字のサイズ文字を小さくする文字を標準サイズにする文字を大きくする表示色の変更標準の表示色にする表示色1にする表示色2にする
発達障害に気づくこんなとき、どうする?発達障害を理解する発達障害者を支える、さまざまな制度・施策日本の取り組み・世界の動き相談窓口の情報発達障害に関する資料

こんなとき、どうする?


 心配なことがあるとき、どうすればよいのかについて、具体的な例をQ&A形式でご紹介します。
 

青年・成人期

  
 

Q4.口頭での指示が理解できないDさん

 
Question4
 わたし(D・女性)は会社勤めをしているのですが、上司の指示や会議の内容が理解できなくて困っています。上司から口頭で複数の指示をされると、いくつか聞きもらしてしまいます。また、会議では、話についていけません。会議の内容をメモしようとしましたが、何をメモしていいかわからないうちに会議が終わってしまいます。後で記録を読むと理解できます。入社して一年たちましたがこの状態が変わらず、上司や同僚に怠けていると思われているようです。どうすればいいでしょうか。


 
Answer4
今日からできること
 まず、会社の人たちに自分(Dさん)の状態を説明しましょう。そのためには、頼りにできる上司に初めに相談するのがよいでしょう。
 Dさんが指示を聞きもらしたり、会議メモが取れないことが、怠けているのではないと知ってもらうことで、Dさんが苦手なことに対して周りの人が手を貸しやすくなり、今よりも仕事がしやすくなるでしょう。
 具体的な対応の例ですが、上司からの指示が一度にたくさん言われた場合、その場で指示内容を書き出して、上司に見てもらってはいかがでしょうか。そうすれば、上司に確認がとれますし、指示内容が文字になって残ります。また、最近では、話し言葉の聞き取りが苦手な人のために、電子機器や対策法がいろいろと紹介されるようになりました。Dさんの場合、小型録音機を活用してはいかがでしょうか。会議での声が聞き取りにくいという場合には、話している人の声が直接耳元に届くワイヤレス補聴システムの使用が役に立つ場合もあります。
 
リンク・著作権についてプライバシーポリシーアクセシビリティについてこのサイトの使い方お問い合せ先ホームへ