音声ブラウザ対応ページへコンテンツエリアへ
文字のサイズ文字を小さくする文字を標準サイズにする文字を大きくする表示色の変更標準の表示色にする表示色1にする表示色2にする
発達障害に気づくこんなとき、どうする?発達障害を理解する発達障害者を支える、さまざまな制度・施策日本の取り組み・世界の動き相談窓口の情報発達障害に関する資料

発達障害に気づく


 保健・医療分野の専門家は、どのような機会に、どのような点から発達障害に気づくのでしょうか。また、気づいたときにはどんな対応があるのでしょうか。ここでは、そのポイントをご紹介します。
 

健診からつながる発達支援

 
 

子育て支援サービスの利用

 乳幼児期に親が最初に活用することが多いのは、市町村で実施している子育て支援教室や育児サークル、遊びを通して親子のコミュニケーションを促進することを目的とした遊び方教室、ペアレント・トレーニングなどの母子保健サービスでしょう。こうした支援事業の利用・参加を通して、親は子どもの発達上の遅れや偏りに気づき、心理専門職や一般小児科医、小児神経専門医、児童精神科医などが担当する発達相談や医療機関、あるいは児童相談所や障害児療育福祉センター、療育センターなどの福祉機関につながることが多いようです。
 

そのほかの障害が明らかな場合

 身体的な障害や発達性協調運動障害がみられる場合などでは、理学療法や作業療法など小児科リハビリテーションに力を入れている医療機関が活用されることがあります。また、言語発達の遅れに注目しているケースでは、教育分野の事業である言語訓練(ことばの教室)などが就学前から活用されたりすることもあります。知的障害を伴う自閉症の場合などは、療育手帳の取得や福祉制度の活用を目的に、比較的早い時期に福祉機関につながることが多いようです。
 

保育所や幼稚園からつながる発達支援

 また、保育所・幼稚園で、保育士や園の先生が、子どもの発達の遅れや偏りなどに気づくケースも増えています。その後、児童相談所や療育センターを紹介され、個別指導や集団指導、障害児通園施設や母子通園センターの利用につながることもあります。 ただし、子どもの発達障害を親が理解し、受け入れてゆく過程は一様ではありません。親の心情にはくれぐれも慎重な配慮が必要でしょう。

 
リンク・著作権についてプライバシーポリシーアクセシビリティについてこのサイトの使い方お問い合せ先ホームへ