音声ブラウザ対応ページへコンテンツエリアへ
文字のサイズ文字を小さくする文字を標準サイズにする文字を大きくする表示色の変更標準の表示色にする表示色1にする表示色2にする
発達障害に気づくこんなとき、どうする?発達障害を理解する発達障害者を支える、さまざまな制度・施策日本の取り組み・世界の動き相談窓口の情報発達障害に関する資料

発達障害に気づく


 ここでは、「発達」を見ていく際にどのような点がポイントになるのかご紹介します。「発達」について知ることが、現在困っていることの解決につながるかもしれません。
 

思春期

 
 

思春期とは?

 子どもと大人のはざまの時期であり、ものの考え方の面でも、身体的な面でも大きく変化し、情緒的にも不安定となりやすく、『疾風怒涛の時期』といわれたりします。
 

思春期の子どもの悩み

 思春期は理想の自分像と現実の自分とのギャップに悩む時期で、活発に教室でも手をあげて発言していた子が、「間違ったら恥ずかしい」と消極的になったり、理想像をめざして背伸びをしたりして無理をします。周囲からの自分の評価が気になり始めますが、そのとらえ方は思い込みの強い、周囲からみると「過敏な」感じ方にみえます。この時期の子どもはより広い社会に敏感になるとともに、自分自身に目を向けることにも没頭しがちで、間違ったり、ゆがんだ自己像をもちがちです。それを親や家族がいくら訂正しても、がんとして聞き入れてくれません。


 
リンク・著作権についてプライバシーポリシーアクセシビリティについてこのサイトの使い方お問い合せ先ホームへ