音声ブラウザ対応ページへコンテンツエリアへ
文字のサイズ文字を小さくする文字を標準サイズにする文字を大きくする表示色の変更標準の表示色にする表示色1にする表示色2にする
発達障害に気づくこんなとき、どうする?発達障害を理解する発達障害者を支える、さまざまな制度・施策日本の取り組み・世界の動き相談窓口の情報発達障害に関する資料

発達障害に気づく

 ここでは、「発達」を見ていく際にどのような点がポイントになるのかご紹介します。「発達」について知ることが、現在困っていることの解決につながるかもしれません。

 

青年・成人期

 
 

青年・成人期とは?

 成人期を迎える前の青年期(18歳~22歳)では、「自分とはこんな存在で、こんなふうに生きていこう」(自分らしさ・アイデンティティともいいます)というテーマに少しだけ決着をつけます。難しい問いですから、これから先もこのテーマはずっと続くことになります。
 その後、成人期では、将来一緒に歩んでいけるパートナーと出会い、子ども(子どもだけではなく、新しい何かであるかもしれません)を産み育て、これまでの体験や知識を上手に使ってほどよく生きていくというライフサイクルを多くの人が送っていくことになります。

 
リンク・著作権についてプライバシーポリシーアクセシビリティについてこのサイトの使い方お問い合せ先ホームへ