音声ブラウザ対応ページへコンテンツエリアへ
文字のサイズ文字を小さくする文字を標準サイズにする文字を大きくする表示色の変更標準の表示色にする表示色1にする表示色2にする
発達障害に気づくこんなとき、どうする?発達障害を理解する発達障害者を支える、さまざまな制度・施策日本の取り組み・世界の動き相談窓口の情報発達障害に関する資料

発達障害に気づく


 ここでは、保育所や学童保育などにおける発達障害への気づきと、対応するときに気をつけておきたいことを解説します。
 

保育所・学童保育における気づきのポイントと対応

 
 

イマジネーション・想像性

 相手の気持ちを想像することが苦手であったり、暗黙のルールなどがわからないと、場にそぐわない発言や行動に結び付くことがあります。また、経験をもとに状況を予測することが苦手である場合、急な状況変化に対応しなければならない時に暴れたり、パニックを起こすことがあります。場面や状況、相手の気持ち、先の見通しや予定、具体的なやり方を教えてあげることが必要です。
気づきのポイント
  • 相手にとって失礼なことや相手が傷つくことをいってしまう
  • 友だちがふざけてやっていることをとらえ違えて、いじめられたと思ってしまう
  • 集団で何かしている時にボーッとしていたり、ふらふらと歩いていたりする
  • 急な予定変更時に不安や混乱したようすがみられる
 
リンク・著作権についてプライバシーポリシーアクセシビリティについてこのサイトの使い方お問い合せ先ホームへ