音声ブラウザ対応ページへコンテンツエリアへ
文字のサイズ文字を小さくする文字を標準サイズにする文字を大きくする表示色の変更標準の表示色にする表示色1にする表示色2にする
発達障害に気づくこんなとき、どうする?発達障害を理解する発達障害者を支える、さまざまな制度・施策日本の取り組み・世界の動き相談窓口の情報発達障害に関する資料

発達障害に気づく


 ここでは、保育所や学童保育などにおける発達障害への気づきと、対応するときに気をつけておきたいことを解説します。
 

保育所・学童保育における気づきのポイントと対応

 
 

人との関わり方

 友だちと一緒に遊ぶことが苦手な子の場合、年齢相応に相手の気持ちを想像したり、場の雰囲気を共有したりすることが苦手なのかもしれません。また、状況に合わせたやりとりが苦手なのかもしれません。その子にあった集団への参加のしかたを工夫する必要があります。
気づきのポイント
  • ひとり遊びが多い、一方的でやりとりがしにくい
  • おとなしすぎる、常に受動的
  • おとなや年上の子、あるいは年下の子とは遊べるが、同級生とは遊べない
 
リンク・著作権についてプライバシーポリシーアクセシビリティについてこのサイトの使い方お問い合せ先ホームへ