音声ブラウザ対応ページへコンテンツエリアへ
文字のサイズ文字を小さくする文字を標準サイズにする文字を大きくする表示色の変更標準の表示色にする表示色1にする表示色2にする
発達障害に気づくこんなとき、どうする?発達障害を理解する発達障害者を支える、さまざまな制度・施策日本の取り組み・世界の動き相談窓口の情報発達障害に関する資料

発達障害に関係する資料

 
 

ガイドブック・マニュアル

 
 

保健・医療

成人期発達障害者のためのデイケア・プログラム
 本調査は、厚生労働省「平成26年度障害者総合福祉推進事業」の助成を受けて行われました。成人の自閉スペクトラム症(障害)を対象とするデイケア(ショートケア)プログラムのパッケージ化を実現し、それを全国レベルで複数の機関で実施することにより、支援効果と支援効率について検証しました。その検証をもとに、「発達障害専門プログラム」のプログラムマニュアルおよびワークブックを作成しました。
(学校法人 昭和大学、平成27年3月)

障害を抱え特別な支援が必要な子どもと、その家族のための緊急時対応準備マニュアル
 障害や特別な健康上の問題に対してケアが必要な子供(0-21歳)を抱える両親や保護者が、災害や救急時に直面するであろう、驚きや混乱に備えて計画を立てる際に手助けになればと作成されました。
 災害時の発達障害児・者支援についての「災害時の支援に役立つ資料」へも掲載しています。
(独立行政法人 国立国際医療研究センター、平成26年9月)

「成人期発達障害支援のニーズ調査報告書」 (PDF:1.41MB)
 本調査は、平成25年度厚生労働省障害者総合福祉推進事業の助成を受けて行われました。発達障害のあるご本人やそのご家族、支援を行っている医療機関や行政からのニーズ調査を実施し、より効果的かつ効率的な支援手法の構築を目指し、発達障害によって苦しまれている方の助けになることを目的としています。
(昭和大学付属烏山病院、平成26年3月)

発達障害の人たちの支援に関わる専門家のための研修テキスト
 平成24年度厚生労働省障害総合福祉推進事業として山梨県立こころの発達総合支援センターが作成した研修テキストです。発達障害のある人たちの支援に関わる専門家の養成を目的として、実践的知識をまとめてあります。
(山梨県立こころの発達総合支援センター、平成25年3月)

発達障害児者支援とアセスメントに関するガイドライン  (PDF:17.72MB)
 平成24年度厚生労働省障害総合福祉推進事業として特定非営利活動法人アスペ・エルデの会が作成したガイドラインです。標準化されたアセスメントツールの普及のために作成されました。発達障害領域でよく使用されるアセスメントツールや、その活用の仕方、事例について紹介しています。
(特定非営利活動法人 アスペ・エルデの会、平成25年3月)

ひきこもり支援者読本
 ひきこもりの方を支援している民間支援団体・地方公共団体の相談機関の方、当事者やその家族、あるいはひきこもり問題に関心をお持ちの一般の方を対象として書かれた読本です。ひきこもりの精神心理や利用可能な制度・機関、将来に向けた備えなどが紹介されています。
(内閣府子ども若者・子育て施策総合推進室、平成23年7月)

青年期・成人期の発達障害者へのネットワーク支援に関するガイドライン (PDF:1.2MB)
 青年期・成人期の発達障害ケースに対するネットワーク支援の方法論を示し、医療、福祉、保健、教育、司法、矯正などの分野で活用していただくことを目的としたガイドラインが作成されました。対象は高校生以上で、知的障害を伴わない、いわゆる高機能群の発達障害者を想定しています。
(厚生労働省、平成23年5月)

ライフステージに応じた自閉症スペクトラム者に対する支援のための手引き (PDF:592KB)
 厚生労働科学研究費補助金 障害保健福祉総合研究事業で行われた「ライフステージに応じた広汎性発達障害者に対する支援のあり方に関する研究」の研究成果を、医療・福祉・教育場面で広く活用できるようにまとめられた手引き集です。自閉症スペクトラムについて、ライフステージ別の行動の特徴、およびライフステージに応じた自閉症スペクトラム者に対する支援のあり方が紹介されています。
(独立行政法人 国立精神・神経センター精神保健研究所、平成22年3月)

ひきこもりの評価・支援に関するガイドライン  (PDF:834KB)
 「ひきこもり」への支援を行う際の標準的な指針を提供することを目的として、平成19年度から平成21年度に取り組まれた研究をもとに、「ひきこもりの評価・支援に関するガイドライン」が作成されました。このガイドラインのなかでは、気分障害や統合失調症、発達障害等が引きこもりの背景にないかどうかを早期に判断することが、適切な支援の計画にとって非常に重要であると説明されています。
(厚生労働省、平成22年3月)

子どもの心の診療に関するテキスト
 子どもの心の診療に携わる小児科医および精神科医向けのテキストです。「一般小児科医のための子どもの心の診療テキスト」、「一般精神科医のための子どもの心の診療テキスト」、「子どもの心の診療医の専門研修テキスト」の3種類のテキストがあります。
(厚生労働省、平成20年3月)

「発達障害の人たちをよろしくお願いします」パンフレット
 自閉症など発達障害のある人が、地域のかかりつけ医で診察を受けるとき、ご利用いただける診療パンフレットです。診察場面でできる具体的な対応の工夫が写真や絵で紹介されています。
(特定非営利活動法人PandA-J、平成20年3月)

「軽度発達障害児に対する気づきと支援のマニュアル」
 「軽度発達障害児の発見と対応システムおよびそのマニュアル開発に関する研究」に基づいたマニュアルです。実践活動の中で得られた創意工夫や知恵がふんだんに盛り込まれています。
注)「軽度発達障害児」は、現在は発達障害者支援法に規定される障害範囲を指しています。
(厚生労働省、平成18年10月)

 
リンク・著作権についてプライバシーポリシーアクセシビリティについてこのサイトの使い方お問い合せ先ホームへ