音声ブラウザ対応ページへコンテンツエリアへ
文字のサイズ文字を小さくする文字を標準サイズにする文字を大きくする表示色の変更標準の表示色にする表示色1にする表示色2にする
発達障害に気づくこんなとき、どうする?発達障害を理解する発達障害者を支える、さまざまな制度・施策日本の取り組み・世界の動き相談窓口の情報発達障害に関する資料

発達障害に関係する資料

 
 

研究紹介

 
 

厚生労働科学研究の成果物

青年期・成人期の発達障害者へのネットワーク支援に関するガイドライン  (PDF:1.1MB)
 青年期・成人期の発達障害ケースに対するネットワーク支援の方法論を示し、医療、福祉、保健、教育、司法、矯正などの分野で活用していただくことを目的としたガイドラインが作成されました。対象は高校生以上で、知的障害を伴わない、いわゆる高機能群の発達障害者を想定しています。
(厚生労働省、平成23年5月)

ライフステージに応じた自閉症スペクトラム者に対する支援のための手引き (PDF:592KB)
 厚生労働科学研究費補助金 障害保健福祉総合研究事業で行われた「ライフステージに応じた広汎性発達障害者に対する支援のあり方に関する研究」の研究成果を、医療・福祉・教育場面で広く活用できるようにまとめられた手引き集です。自閉症スペクトラムについて、ライフステージ別の行動の特徴、およびライフステージに応じた自閉症スペクトラム者に対する支援のあり方が紹介されています。
(独立行政法人 国立精神・神経センター精神保健研究所、平成22年3月)

ひきこもりの評価・支援に関するガイドライン  (PDF:837KB)
 「ひきこもり」への支援を行う際の標準的な指針を提供することを目的として、平成19年度から平成21年度に取り組まれた研究をもとに、「ひきこもりの評価・支援に関するガイドライン」が作成されました。このガイドラインのなかでは、気分障害や統合失調症、発達障害等が引きこもりの背景にないかどうかを早期に判断することが、適切な支援の計画にとって非常に重要であると説明されています。
(厚生労働省、平成22年3月)

乳幼児健康診査に係る発達障害のスクリーニングと早期支援に関する研究成果 
 発達障害の早期発見と支援に関する、最近の厚生労働科学研究の成果が紹介されています。市町村における乳幼児健康診査を実施する上で、参考となりうる事項が掲載されています。さらに、母子保健法、発達障害者支援法、障害者自立支援法に係る通知や検討会などの行政情報が掲載されています。
(厚生労働省、平成21年3月)

 

発達障害に関係の深い厚生労働科学研究等の紹介

 厚生労働科学研究及び日本医療研究開発機構(AMED)の研究を紹介しています。

平成27年度終了


平成26年度終了

平成25年度終了

平成24年度終了

平成23年度終了

平成22年度終了


平成21年度終了

 

厚生労働科学研究成果データベース

 平成18年度以降に行われた厚生労働科学研究のうち、発達障害に関連する研究課題を下記一覧表にて紹介しています。
 なお、各研究報告書は、厚生労働科学研究成果データベースで検索することができます。報告書は、下記の研究成果一覧から閲覧したい研究課題名をコピーして、厚生労働科学研究成果データベースで検索してください。
(用語解説)総括研究、総合研究
厚生労働科学研究は、通常、複数年度にわたって行われ、年度ごとにその研究成果が公表されます。研究の最終年度においては、その年度の研究成果としての総括研究と全体の研究成果としての総合研究が公表されます。

 
リンク・著作権についてプライバシーポリシーアクセシビリティについてこのサイトの使い方お問い合せ先ホームへ