音声ブラウザ対応ページへコンテンツエリアへ
文字のサイズ文字を小さくする文字を標準サイズにする文字を大きくする表示色の変更標準の表示色にする表示色1にする表示色2にする
発達障害に気づくこんなとき、どうする?発達障害を理解する発達障害者を支える、さまざまな制度・施策日本の取り組み・世界の動き相談窓口の情報発達障害に関する資料

発達障害に関する資料

  
 

障害者の防災対策とまちづくりに関する研究

 研究課題名 障害者の防災対策とまちづくりに関する研究
 研究代表者 北村弥生
 研究年度 平成24年度~平成26年度
 ライフステージ 全ライフステージ
 研究の対象 全障害児者、家族、発達障害者支援センター、自治体、地域
 研究の内容 防災・災害時支援
 

研究の目的

   災害時要援護者のうち対策が遅れている知的・発達障害児者を中心に身体障害者も含めて、災害準備と急性期・復旧期・復興期における情報提供と心理的支援を含めた福祉的避難支援のあり方を明らかにすることを目的としています。特徴は、当事者自らが災害と対処方法を理解し、「助けられる存在」ではなく「自己の役割を持った存在」として、緊急時に主体的に行動するための支援方法を開発することです。
 

研究からわかったこと

  • 東日本大震災被災地における発達障害児者とその家族に対して、災害時およびその後の経過にそって浮かび上がったニーズを調査し、震災直後から「場所」「情報」「物資」「理解」の不足がストレスの原因になっていたこと、時間が経過しても「場所」と「理解」をめぐる問題は軽減されず、「理解」に伴う「ケア」の不足は強くなったことが明らかになりました。これをもとに冊子「災害と発達障がい」を作成し公開しました。
  • 全国の発達障害者支援センターへの調査からは、利用者からの支援ニーズは災害発生直後よりも半年後に増えたことと、発達障害者支援センターによる災害に関する活動は徐々に増加したことがわかりました。
  • 要援護者の個人避難計画の先行事例の調査では、地域の自主防災組織では障害に関する知見が不足していること、平時の交流が緊急時の相互支援の基盤になること、準備したこと以上の実践は災害時に実行できないことなどの知見が得られました。
  • 知的・発達障害児者自身が災害・避難・避難生活について理解するための教材を開発し、被災地における支援の中で評価を依頼し、改善点を明らかにしました。また要援護者支援の要点を簡便に把握するために、障害者用、地域住民用(避難所編、在宅避難編)の3種のリーフレットを作成しました。
 

もっと知りたい

 
リンク・著作権についてプライバシーポリシーアクセシビリティについてこのサイトの使い方お問い合せ先ホームへ