音声ブラウザ対応ページへコンテンツエリアへ
文字のサイズ文字を小さくする文字を標準サイズにする文字を大きくする表示色の変更標準の表示色にする表示色1にする表示色2にする
発達障害に気づくこんなとき、どうする?発達障害を理解する発達障害者を支える、さまざまな制度・施策日本の取り組み・世界の動き相談窓口の情報発達障害に関する資料

発達障害者を支える、さまざまな制度、施策


ここでは、保育、教育、就職、生活などについて、発達障害のある方が活用できる支援制度や施策の情報をご紹介します。
 

本人や家族に向けた支援に関するもの

 
 

発達障害者の活用できる、さまざまな制度

 発達障害者支援法第2章「児童の発達障害の早期発見及び発達障害者の支援のための施策」
 

(第8条) 教育

  • 障害のある幼児児童生徒一人一人の教育的ニーズを把握してその可能性を伸ばすことや、生活や学習上の困難を改善または克服するために、特別支援教育が行われています。 
  • 特別支援学校や幼稚園、小学校、中学校、高等学校や中等教育学校の通常の学級も含め、在籍するすべての障害のある幼児児童生徒が対象です。
  • ほとんどの学校で、相談の窓口となる特別支援教育コーディネーターが指名されています。特別支援教育コーディネーターが指名されていない場合は、管理職や養護教諭、学級担任などが相談の窓口となります。

 
リンク・著作権についてプライバシーポリシーアクセシビリティについてこのサイトの使い方お問い合せ先ホームへ