対象疾患と特色

 神経性やせ症、食物回避性情緒障害、嘔吐恐怖症、心因性嘔吐症などの摂食障害の発症は、遺伝的性質(性格・能力)、心理発達の停滞、家族関係・友人関係、社会・文化的背景などが種々の割合で混在しており、ひとつの原因では説明できません。また、必ずしも行き過ぎたダイエットが原因とも言い切れません。当科では“体重を元に戻すこと”だけを治療目的とせず、発症の要因となった心理的課題に取り組むことを重視しています。そのためにはご本人の面接の他、親ガイダンス面接も大切となるため、初診を含めて4回の面接にご本人とご両親でそろって受診していただきます。(ただし、一人親家庭の場合はその限りではありません)。

予約方法

 受診中の医療機関よりお電話いただくとともに、『摂食障害外来 初診申し込み用紙』を当院に送信いただきます。
その後、当院の担当医より患者さんにお電話を差し上げます。
 ご家族より病状を伺い、当科の予約をお取りします。

外来担当表(完全予約制)

曜日
午前 初診9:00~
午後
初診に持参いただくもの

①診療情報提供書(施行していれば、血液検査結果やMRI等のデータCD)
②母子手帳
③学校検診(身体測定)の記録(コピー)
④摂食障害用の初診時問診票
(下記よりダウンロードして記載、または、初診時に記載してください)
摂食障害用 初診時問診票PDF版WORD版

入院について

当科ではご本人の意向を尊重し、入院の本人同意が得らない場合、外来通院となります。
(当院には精神病床がないため、親の同意による医療保護入院(強制入院)はできません。
 ご家族が早期の入院をご希望の場合は、精神病床をもつ精神科を受診ください)​​​