対象疾患と特色

入院患者数・手術件数の半分以上を脊髄損傷に合併した褥瘡が占めています。その結果、多数の難治性褥瘡の治療経験を持っています。持続吸引療法等も含めた徹底した保存的治療、デブリードマンや皮弁術などの外科的処置に加え、創治癒後は、車椅子調整のための座圧測定や体幹保持装置を選定し再発防止の指導をしています。専門的な形成外科的治療が必要な症例は褥瘡治療に習熟した形成外科医に紹介し、治癒後同様に再発防止指導を行っています。第2に、身体障害の機能改善を目的とした治療を多く行っています。例えば、麻痺した手足の拘縮・変形の矯正、腱延長や移行などです。その他、整形外科の一般的な病気、つまり、骨粗鬆症、大腿骨頚部骨折、人工関節、関節鏡、腰椎椎間板へルニアや脊椎管狭窄症などの治療やリハビリテーションも行っています。

外来担当表

曜日
午前 阿久根 徹 近藤 怜子 大熊 雄祐 大熊 雄祐
中村 伸哉 中村 伸哉 近藤 怜子