フッター:
ページの先頭 本文へジャンプ

サイトマップ  English 
現在の位置
トップページ国立障害者リハビリテーションセンター病院病院の紹介 >脊髄再生医療リハビリ相談外来
ナビゲーションおわり
ここから本文  本文を飛ばす
目次
目次おわり:
b.

脊髄再生医療リハビリ相談外来


脊髄損傷の患者さん一人一人の状態を確認したうえで、関連する再生医療・先端的治療の情報をご紹介するための外来です。ただし、当院では細胞移植など実際の再生医療は実施していません。本外来の利用を検討される際は、まず「脊髄再生医療に関する解説」をご覧ください。

はじめに

様々な技術革新が進むなかで、これまで治療が困難とされてきた脊髄損傷に対する再生医療の期待が高まっています。しかし、こうした先進的治療の情報を正確に理解するためには専門的知識が必要なことがあります。我々は細胞移植を実施する施設ではありませんが、脊髄神経の再生医療において極めて重要な位置を占めるリハビリテーションの観点から、移植実施施設との連携を進めています。自分にとって再生医療がどのような意味を持つのか、また自分の状態をどのように把握すればよいのか、理解する一助になればと思います。

対象となる方

脊髄損傷など外傷や疾患による脊髄の障害のため手足に麻痺があり、再生医療をはじめ先端的な治療法に積極的に取り組みたいと考えている方。

内容

脊髄障害の評価

これまでの診療情報と診察などにより、脊髄障害および二次的な障害の診断と評価をおこないます。正確な評価のため検査が必要な場合は、通院または評価目的の入院をおすすめします(これまでの受診医療機関からの紹介状をご持参ください)。

関連する再生医療・先端技術についての情報提供

細胞移植などの再生医療等について、現在実施されている治療と今後実施が予想される治療について説明をします。自分の状態がそれぞれの治療法の適応基準(治療の対象となる条件)にあてはまるか説明をします。現在実施されている治療を受ける希望がある場合は、実施医療機関への紹介状を作成します。

日常管理への助言

脊髄への再生医療はこれからの治療であり、すでに実施されている治療と、数年先に実施が検討されている治療とがあります。将来、再生医療を受けることを考えるうえでも脊髄障害にともなう二次的な合併症を予防することはとても大事です。現在の体の状態を評価し、必要な注意点を整理します。ご希望に応じて他の医療・福祉サービスをご紹介します。


外来担当表(完全予約制)

曜日
午後 第1・3木曜
14:00〜
緒方 徹


関連ページ



本文おわり:
ページの先頭に戻る(z) ページ先頭へ   トップページに戻る(o) ↑
フッター:
問い合わせ先(c) 国立障害者リハビリテーションセンター,all rights reserved.
〔所在地〕 〒359-8555 埼玉県所沢市並木4丁目1番地 〔電話〕 04-2995-3100(代) 〔FAX〕 04-2995-3102(代)
ページおわり: ページの先頭に戻る