フッター:
ページの先頭 本文へジャンプ

サイトマップ  English 
現在の位置
トップページ国立障害者リハビリテーションセンター病院病院の紹介 >看護部の方針と役割
ナビゲーションおわり
ここから本文  本文を飛ばす
目次
目次おわり:
b.

ようこそ、看護部のホームページへ

看護部門 紹介


看護部門紹介のトップへ戻る

看護部概況病棟紹介看護師募集

病棟紹介

西側スタッフステーション
東側スタッフステーション

《3階西病棟》

 リハビリテーション科、褥瘡治療を含む整形外科、ロービジョンクリニックの病棟です。
 セルフケアの自立に向けた生活と社会復帰を目標に日常生活動作の訓練を実施しています。
 入院の目的は主に機能訓練ですが、褥瘡患者には早期の治癒に向けて治療が行われています。また、膀胱・直腸機能障害に対する排泄のコントロールや合併症の予防について指導を行い、セルフケアに向けた援助を行っています。患者さんが心身共に安心で安全な訓練や生活ができるように看護を提供しています。


《3階東病棟》

 リハビリテーション科・整形外科・眼科・耳鼻科・内科の混合病棟です。
 リハビリテーション科では、主に人工呼吸器装着を含む高位頸髄損傷者(C1〜C5)が入院されます。看護は日常生活動作の拡大、心理的支援、在宅生活に向けた家族への介護指導・家屋改修や、介護機器の選択など生活環境調整等を他職種とチームアプローチをしています。
 整形外科では、骨折の手術・リハビリ訓練、四肢切断後の義手・義足作製・調整による訓練を支援しています。眼科・耳鼻科は手術目的が主です。患者さんの目標に向かって、共に歩む看護を目指しています。


《4階東病棟》

 4階東病棟では脳卒中や外傷性脳損傷後の、高次脳機能障害のある患者さんに看護を提供しています。患者さんの健康管理を行いながら、日常生活のリズムを整え、身の回りのことができるように援助しています。患者さんやご家族の一番近くで生活を支え、気持ちに寄り添うよう努めています。




《外来・健康管理室》
 外来では、患者さんが安心して受診できるように、安全で心地よい受診のために、環境を整え、患者さんへのサービス向上に努めています。障害の特徴やレベルに合った配慮を行い、診療や検査・処置の介助、移動の介助及び誘導、他部門との連絡・調整は看護師の重要な役割です。糖尿病をはじめとする生活習慣病や褥瘡、排泄、フットケア、女性障害者を対象とした妊娠出産の健康相談に関する事項等について、療養相談を行い患者さんの在宅での療養を支援しています。

 健康管理室では、自立支援局を利用する方々の健康の自己管理に向けた支援をおこなっています。

 


《手術室》
 整形外科・眼科・耳鼻科の手術をおこなっています。その8割が眼科の手術です。障害をお持ちの方やご高齢の方、お子さんなどさまざまな患者さんが安心して手術を受けられるよう、ケアを提供しています。手術中は静かな音楽を流し、リラックスできるよう努めています。

 


本文おわり:
ページの先頭に戻る(z) ページ先頭へ   トップページに戻る(o) ↑
フッター:
問い合わせ先(c) 国立障害者リハビリテーションセンター,all rights reserved.
〔所在地〕 〒359-8555 埼玉県所沢市並木4丁目1番地 〔電話〕 04-2995-3100(代) 〔FAX〕 04-2995-3102(代)
ページおわり: ページの先頭に戻る