フッター:
ページの先頭 本文へジャンプ

サイトマップ  English 
現在の位置
トップページ国立障害者リハビリテーションセンター病院病院の紹介 >看護部の方針と役割
ナビゲーションおわり
ここから本文  本文を飛ばす
目次
目次おわり:
b.

ようこそ、看護部のホームページへ

看護部門 紹介


看護部門紹介のトップへ戻る

看護部概況病棟紹介看護師募集

看護部長挨拶

 国立障害者リハビリテーションセンターは、国の施策に基づいて、脊髄損傷者、切断、難病等の患者のリハビリテーション医療を展開するとともに、難治性の高い疾患によって生じる障害への支援、高齢と化していく障害者の日常生活支援、脊髄損傷者の社会復帰や妊娠出産支援、児童精神を含む子どもの障害など多岐にわたる障害のある患者様の日常生活の質を高めるために幅広い看護ケアを提供するよう努力しています。
 本院の特徴として,研究所や学院、自立支援局などが併設されている環境にあり、私たち看護部は、日々の取り組みを通して、リハビリテーション看護の本質的な意味を探究し、看護ケアの開発を目指します。
 看護師が提供するリハビリテーション看護のケアを一緒に考え、障害と共に生きる人々の自立生活を支え、生涯にわたるケアを一緒に考えていきませんか。
 看護部が目指すのは、患者さんひとりひとりに向けた丁寧な看護。個別性や障害特性を考え、人と人としてのかかわりを大切にしたケアを提供できるよう心掛けています。

看護部理念
 私達は、常に生命、人格、権利を尊重することを看護の判断、行動の基本とします。
 患者さまが目指す目標に向かい、その力を十分発揮できるよう心と身体に優しい、リハビリテーション看護を提供します。

看護部基本方針

 ケア対象者に対して質の高いケアを提供するために、まず自己研鑽し、一専門職業人として素養を高めるよう努力する。
自らの素養を高めることで、チーム全体の中での看護職としての役割を認識し、職場の人々との絆や繋がりを深める。
 ともに働く人々とともに組織の課題を見出し、国リハ看護部としての道標をつかみ、改善・改革の方向を定めて踏み出す。


本文おわり:
ページの先頭に戻る(z) ページ先頭へ   トップページに戻る(o) ↑
フッター:
問い合わせ先(c) 国立障害者リハビリテーションセンター,all rights reserved.
〔所在地〕 〒359-8555 埼玉県所沢市並木4丁目1番地 〔電話〕 04-2995-3100(代) 〔FAX〕 04-2995-3102(代)
ページおわり: ページの先頭に戻る