フッター:
ページの先頭 本文へジャンプ

サイトマップ  English 
現在の位置
トップページ国立障害者リハビリテーションセンター病院 >病院の紹介
ナビゲーションおわり
ここから本文  本文を飛ばす
目次
目次おわり:
b.

病院の紹介



理念及び基本方針

理 念
  信頼される良質なリハビリテーション医療
  個々の患者に最適な安全で質の高い医療を提供し、リハビリテーション医学および障害者医療の発展とリハビリテーション専門医療職の育成に努める。

基本方針
質の高いリハビリテーションサービスを提供します。
    様々な障害をお持ちの方々に医師、看護師、訓練士、心理士、福祉専門職がチームを組んでリハビリテーションサービスを提供し、社会参加を支援します。
総合的な障害者医療を提供します。
    慢性疾患の治療、二次障害の治療と予防、生活習慣病の治療と予防、障害のある方の人間ドックなどを行います。
患者の皆さまの権利を尊重します。
    患者さまの基本的人権、良質な医療を受ける権利を尊重し、説明と同意の原則を遵守し、プライバシーの保護に努めます。
安全で心のこもったサービスを提供します。
    患者の皆さまを中心に安全な医療と温かいケアを提供します。
新しいリハビリテーション技術の開発に努めます。
    機能の回復と障害の軽減を目指す新しいリハビリテーション機器と技術の開発に努めます。

このページのトップへこのページのトップへ

病院の紹介
 国立障害者リハビリテーションセンターは、障害のある方々に対するリハビリテーションを一貫した体系のもとに総合的に行う中核機関として1979年に設立されました。センターには自立支援局・病院・研究所・学院があります。病院では、発病または受傷後早期の方のリハビリテーションと、障害者の方の一般診療を行っています。

 当病院の第一の柱は、様々な症状・障害に対する機能回復訓練、日常生活訓練です。訓練部門としては肢体不自由に対する理学療法・作業療法、言語・聴覚障害等への言語訓練、低視力者へのロービジョンクリニックの三部門があります。患者さんのニーズに合わせて医師、看護師、理学療法士、作業療法士、リハビリテーション体育専門職、言語聴覚士、視能訓練士、臨床心理士、医療社会事業専門職などがチームを組んで診断・治療及び医学的リハビリテーションを行います。また、家屋の改造、福祉用具の紹介、家族の方への介助法の指導、あるいは復職や職業訓練などの退院後の社会生活に必要な事項に関する助言指導を積極的に行っています。

 第二の柱は、社会復帰した後も身体に障害があると、それに関連して様々な障害が引き起こされることがありますが、この二次障害の予防・治療を行います。また、障害があるために生活習慣病になるリスクも高いので一般病院では受けにくい人間ドックも行っています。

このページのトップへこのページのトップへ

病院長挨拶
国立障害者リハビリテーションセンターは厚生労働省所管の国立組織であり、その使命は

「障害を持つ人々の自立生活を支援し、社会参加を促進する活動を通して、共生社会の構築に寄与」

することと決められています。

センターの活動領域としては、「障害を持つ人々の自立生活・就労支援のための保健・医療・福祉・就労サービスの一体的提供、研究開発、人材育成」があげられていますが、当病院はその中の保健・医療・福祉に関わる部分を担当しています。

したがって、陸上運動場、水泳プールや体育館といった障害者用スポーツ体育の施設や自動車運転教習の施設が併設されており、車いすや義肢装具の作成、障害者対応の人間ドックの運営、モデル住宅の展示など、障害者医療に関わるいろいろな研究開発にも携わることになります。一般のリハビリテーション病院とはかなり異なる部分も多くなりますし、国の施策により、重点的に研究開発を進める領域も逐次指定されてまいりますので、それらの使命を果たしていくことも求められています。

現在、耐震化を高めた病院建物の建て直しを進めておりますが、幸いにしてセンターの敷地には十分な余裕もあり、特に診療上に支障を生じることなく工事が施行されています。病院関係者一同、付託された使命を果たすべく努力を重ねておりますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。


このページのトップへこのページのトップへ

病院の利用をお考えの皆様へ
 当病院では、救急医療などの急性期医療を脱して回復期に至った方や神経疾患等により障害を生じた方などを主な対象として、リハビリテーションや治療を行っています。当病院での治療の適応については、主治医の先生からのお問い合わせをいただければより的確にお答えできます。また、受診の際は、出来るだけ主治医のご紹介状をお持ちください。

患者さまの権利
公平かつ安全で良質な医療・福祉サービスを受ける権利があります。
一人の人間として基本的人権が尊重され、社会的地位、信条、思想などに関わらず、公平かつ安全で良質な医療・福祉サービスを受けることが出来ます。
ご自身についての情報を知る権利があります。
自分の治療方針や支援計画について、わかりやすい言葉で適切な説明を受け、ご自身の情報を知ることができます。
医療や支援計画内容を選択、あるいは拒否をする権利があります。
納得できる説明に基づいて、治療方針や支援計画を自分の意志で選択、あるいは拒否することができます。また、拒否された場合でも、必要かつ十分な医療をうけることができます。
個人情報が守られる権利があります。
個人情報が守られ、プライバシーが十分に配慮される権利があります。また、診療録の開示を求めることができます。
診断や治療について他の医師の意見を聞くことができます。
診断や治療の内容について、他の医師、医療機関の意見(セカンド・オピニオン)を聞くことができます。

患者さま並びにご家族の皆さんへのお願い
良質な医療を受けるために、医療提供者に対し、患者さまご自身の健康に関する情報をできるだけ正確にお伝えください。
治療や相談・訓練などについて、わからないことがあれば、納得できるまで説明をお求め下さい。
他の患者さまの治療や相談・訓練などの支障にならないようご配慮ください。
当病院は、研究・研修施設でもあるため、臨床研究や臨床実習、見学などへのご協力をお願いする場合があります。ご同意いただけなければ拒否することもできます。
このページのトップへこのページのトップへ

沿革
昭和54年 7月国立身体障害者リハビリテーションセンター内に5科20床の診療部として設立される。
昭和55年 7月診療科の増科・増床(診療科11科、50床)
第一機能回復訓練部(肢体不自由)、第二機能回復訓練部(聴覚言語障害)及び看護部新設
昭和56年 4月病棟が50床から100床に増床
医療相談開発部及び薬剤科の新設
昭和58年10月第三機能回復訓練部(視覚障害)の新設
昭和63年 4月診療部に神経内科の新設
平成 4年 7月病棟が100床から150床に増床
平成 6年10月診療部に消化器科の新設
平成 7年 4月病棟が150床から200床に増床
平成20年10月診療部に発達障害診療室、児童精神科の新設
平成26年 6月新病院棟での診療の開始
このページのトップへこのページのトップへ

認定
日本眼科学会研修施設
日本整形外科学会研修施設
日本リハビリテーション医学会研修施設
日本神経学会教育施設
日本泌尿器科学会専門医教育施設
児童福祉法に基づく指定育成医療機関(眼科・耳鼻科)
更生医療担当病院
日本病院機能評価認定病院(Ver.5)平成20年10月
日本病院機能評価認定病院(機能種別:リハビリテーション病院)(3rdG:Ver.1.0)平成25年10月

基本診療料
一般病棟入院基本料     15:1   3階東病棟・4階東病棟
障害者施設等入院基本料  10:1   3階西病棟

入院時食事療養費(1)

特掲診療料
薬剤管理指導
人工関節置換術
鼻副鼻腔悪性腫瘍手術
糖尿病合併症管理料
ロービジョン検査判断料

その他
所沢市骨粗鬆症検診精密検査対応医療機関
人工内耳手術保険診療認定施設
補聴器適合検査保険診療認定施設
所沢市災害時後方支援医療機関

このページのトップへこのページのトップへ

各部門紹介

診療部門

診療科

内科   神経内科   精神科   眼科   耳鼻咽喉科
整形外科   リハビリテーション科   泌尿器科   歯科
児童精神科

専門外来

人間ドック   高次脳機能障害専門外来
補聴器外来   小児難聴外来   耳鳴り外来   成人吃音相談外来
言語発達・構音障害外来   小児吃音外来   嚥下外来
ロービジョンクリニック   シーティング・クリニック
補装具診・装具外来   フットケア   障害者検診
脊髄再生医療リハビリ相談外来

看護部門

病棟

リハビリテーション部門

理学療法   作業療法   リハビリテーション体育
言語聴覚療法   ロービジョン訓練   臨床心理   義肢装具療法

医療福祉相談

障害者健康増進・運動医科学支援センター

このページのトップへこのページのトップへ
本文おわり:
ページの先頭に戻る(z) ページ先頭へ   トップページに戻る(o) ↑
フッター:
問い合わせ先(c) 国立障害者リハビリテーションセンター,all rights reserved.
〔所在地〕 〒359-8555 埼玉県所沢市並木4丁目1番地 〔電話〕 04-2995-3100(代) 〔FAX〕 04-2995-3102(代)
ページおわり: ページの先頭に戻る