トップ > トピックス > 7月9日
平成21年7月9日・10日 福岡視力障害センターとのスポーツ・文化交流会を行いました

 平成21年7月9日(木)〜10日(金)にかけて、国立福岡視力障害センターにてスポーツ・文化交流会が開催され、
本センターからは利用者7名、引率職員2名の合計9名が参加しました。
会場となった福岡センターへ向けて8日(水)午後4時30分出発。午後6時20分神戸港発のフェリーに乗船、
揺られること12時間、翌日早朝に新門司港へ到着、電車、バスを乗り継いで福岡センターに到着したのは10時30分頃、
出発から18時間の長旅となりました。
利用者7名は長旅の疲れも見せずに、最初の交流種目であるゴールボールに臨み、両チームとも好プレイの連続。
しかし福岡センターの方が実力は一枚上、バウンドボールに加え、緩急織り交ぜた多彩な攻撃に神戸チームの守備は崩され、
9対4で福岡センターの勝利となりました。
続いて行われたサウンドテーブルテニスでは、両センターから3人ずつの選手が試合を行いました。第1試合は福岡の選手がリードし、
それに神戸の選手が追いつくという試合展開で進み15対13で福岡選手の勝利となりました。第2試合は女性同士の戦いとなりました。
こちらも一進一退の好ゲームとなりましたが、結果は15対13で福岡選手の勝利となりました。最終戦はキャプテン同士の試合となりました。
コースと緩急を打ち分ける両選手のラリーは見ごたえ十分。先に行われた2試合同様、手に汗握る展開となりましたが、
13対15で神戸選手の勝利となりました。
3試合の結果、2対1となり、福岡センターの勝利となりました。
文化交流では、福岡センターコーラス部の発表、ギター演奏、両センター代表者によるカラオケや、自己紹介をしながら、
笑顔一杯の親睦を深めました。翌日は10時よりフロアバレーボールが行われました。
第1セットは慣れない環境に戸惑う神戸チームが自滅する形となり10対15で福岡チームが取りました。
第2セットは福岡がリード、それに神戸チームが追いつく形で展開し、最終的には神戸チームが15対13で取りました。最終セットは両チームが
鋭いアタックを決めるなどすばらしいプレイの連続となりましたが、試合途中でタイムアップとなり13対8で終了、
大会の規定により総合得点で勝敗を決することとなり、38対36とわずか2点差で神戸チームの勝利となりました。
総合優勝カップは、大きな拍手の中、福岡センターに送られました。
来年は神戸での開催です。参加した方からは、「この1年間練習をして、来年は総合優勝カップを取り戻そう」との声も聞かれました。
姉妹施設に入所する方々がスポーツや様々な文化的な活動を通して懇親を深める時間を過ごせたことに加え、今後の活動につながる
すばらしい交流会だったと感じました。

  
  【写真説明】開会式で選手宣誓をする神戸センター代表
 
トピックス 組織 サービス概要 お申し込み 調達情報 職員募集 交通案内 リンク サイトマップ 前の画面に戻る