トップ > お知らせ > センターだより44号1頁
こくりつ神戸視力障害センター。
センターダヨリ。第44号。平成17年7月7日発行。
発行、こくりつ神戸視力障害センター。神戸市ニシク曙町1070。
電話番号078−923−4670。ファックス番号078−928−4122。
ホームページアドレス。ダブリュ、ダブリュ、ダブリュ、ドット、ケイ、オー、ビー、イー、ハイフン、エヌ、エッチ、ビー、ドット、ジー、オー、ドット、ジェイ、ピー。
。
 イーメール、エス、ワイ、オー、エム、ユー、アットマーク、ケイ、オー、ビー、イー、ハイフン、エヌ、エッチ、ビー、ドット、ジー、オー、ドット、ジェイ、ピー。
全12紙面のうちの1紙面。

理療教育かてい入所式・生活訓練かてい入所。
 今年は、冬が長く、3月下旬でも寒さに震えているようでしたが、4月にはいると、日差しも暖かく、
イッキに春がきた、という感じでした。桜の開花も、例年よりも遅く、ちょうど4月7日の入所式の時に、
満開となり、艶やかな入所式が、迎えられました。今年度の新入所生は、高等かていが、3名、専門かていが、
16名の計19名のかたが、理療教育かていへと、入所されました。比較的、県内のかたが多く、19名中11名が、
通所となっています。片道2時間近くかかるかたもおり、勉強との兼ね合いが、大変ですが、5年ないしは、
3年後に、無事、国家試験合格を果たし、免許を取って、新しい春が、迎えられるよう、頑張って下さい。
 また、生活訓練かていの利用契約の手交も行われました。随時、入所を取り入れて行く中で、センター側の受け入れ準備が、
整い次第、順次入所していただく形で、このたびは、4月18日に、新たに3名のかた、そして5月9日に、
3名のかたが入所されました。理療教育かていのように、入所式というものはおこなわず、契約を取りかわした後は、
すぐに、オリエンテーションを始め、訓練に向けての導入を、はかりました。
 理療教育かてい、及び、生活訓練かていにおいて、難聴のかた、もうろうのかたが、入所されるなど、
コミュニケーション手段や授業方法について、サポートが、必要な場面が出てきています。
今後、障害者自立支援法の制定によって、ますます、障害の枠が、取り払われていく中、センターの体制についても、
熟慮していく必要があるように、感じられました。
 
トピックス 組織 サービス概要 お申し込み 調達情報 職員募集 交通案内 リンク サイトマップ 前の画面に戻る