トップ > お知らせ > センターだより44号3頁
全12紙面のうちの3紙面。
は、動揺しました。考えれば考えるほど、将来への不安は、
増すばかりです。家族とも相談し、三療の世界に飛び込んだわけですが、私が、めざしていた職業も三療も、
人と直接かかわることができる、人の役にたてる、という底流は、決してかけ離れたものではない、
と今では、思えるようになりました。私を支えてくれる家族、友人のおかげです。
また、職員のかたがたにはお世話になります。三療のプロを目指して、技術の習得に、力を入れて、がんばります!。        

新入生、10人目。  トミタ トシアキ。
 51歳、年齢的に決して若くなく、神戸視力障害センターに入所する事になり、
期待と不安がまじりあっているところです。人生には、いくつもの谷や山がありそれを乗り越えて行く、
これが人生だとあらためて実感しています。前進あるのみ。   

新入生、11人目。ヤマシタ ノブコ。
 茶道、看護学校、法学部、教員免許取得で、長い学生生活でした。一生涯、学校で学ぶ事はないと思っていました。
今は、何ひとつ役立っていません。交通事故を契機に、日本ライトハウスに、入所しました。
職員のかたがたより、エネルギーがあり余っているので、そのパワーを活かして、今後の長い生活に向けて考えられたら、
との三療のおすすめもあり、大学学友、教務経験者の看護学校の同級生の、アドバイスがあり、受験の運びとなりました。
やっとの思いで、決意しました。3年後、全員の国家試験合格を願っています。決心した以上、一生懸命努力します。
皆様がた、どうぞよろしくご指導を賜りますよう、お願い申し上げます。     

新入生、12人目。 ダテ ムネノリ。
 ぼくは、軽音楽部とフットサル部に入っている、金髪の18歳です。運動が好きで、キントレマニアです!!。
勉強は、キライやけど、学校の環境もすごしやすいし、授業も、わかりやすく教えてもらえるから、
ガンバレそうやなぁと思いました。3年かん頑張って資格をとりたいと思っています。             

新入生、13人目。 イワモト カズナリ。
これから3年かん、焦らず、ぼちぼちと知識と技術を習得したいと思います。又、学校でしか体験できない事もあるので、
有意義な学校生活を、送りたいと思います。
よろしくお願い致します。   

新入生、14人目。シミズ ノブオ。
 今年で49歳、この年齢で今さら勉強なんて…。
不安ばかりで、このセンターに入所しました。先生の激より怖い妻のケリ、一句。一日でも早く、愛する猫と妻をやしなえるような、
三療師になる。妻に、尻をつつかれて、必死の思いで、教えを吸収したいと思います。やさしくサポートして下さるかたがた、
丁寧な指導の先生がたと充実した環境の中で、あとはもう、やるしかない。そして、私より重い障害を持ち、
多くの難問をかかえてガンバル友人に負けない強い心で、ヒビをむだにしないよう、3年かんを終えたいと決心しています。 

新入生、15人目。 カワハライ ケン。
 センターに入る1年前より、理療のほうへいくと決めていました。入学して早くもイッカゲツちょいすぎました。
正直、少しらくに考えすぎているところもありますが、3年後、ちゃんと自立できるよう、がんばりたいと思います。

新入生、16人目。    ナカタ マナブ。
僕は生まれつきの緑内障で、周りの人たちに比べ、物がよく見えないことは理解しているつもりでしたが、
将来について、あまり深く考えたことが無く、楽観的に捉えていました。
しかし、昨年の年末に突然、病状が悪化し、入院することになり、
今までの当たり前にできていたことすらママならぬ生活をしいられるようになってきて、そのとき初めて、将来について、
考えるようになりました。
自分なりにあれこれ調べていくうちに、この神戸視力障害センターのことを知り、とにかくやってみようと、
突発的に思い立って、このセンターに入学してきました。
いざ、入学してみると今までとはまったく環境が変わってしまい、戸惑うことも、多々ありましたが、
それまで考えもしなかった世界を、垣間見れる喜びを感じています。これから3年かん、自己をよく見つめ、
後悔のない人生を送れるよう、ヒビ精進していきたいと思い
ます。              

新入生、17人目。カワハラ マサヨシ。
本年度より、当センターにお世話になることになりました、カワハラ マサヨシ。です。
年齢は47歳、サラリーマンを30年近くやっておりましたので、一番の心配は、勉強についていけるかどうかが不安です。
しかしながら、全力をつくし、がんばってまいりますので、今後ともよろしく
お願いいたします。        

新入生、18人目。ヤマト マユコ。
 今までは、音楽、ピアノ、を勉強しておりました。これからは、鍼灸の勉強をするわけですが、
音楽からは離れず学んでまいります。将来的には、音楽療法などもできればいいと考えております。
まだまだ未熟者ですが、よろしくお願い致します。    
 
トピックス 組織 サービス概要 お申し込み 調達情報 職員募集 交通案内 リンク サイトマップ 前の画面に戻る