トップ > お知らせ > センターだより44号11頁
全12紙面のうちの11紙面。
 災い転じて福。
ご紹介者、5人目。   教務課。ササダ サブロウ。
 寛大な皆さんに支えられ赴任
ゴイッカゲツ、教務課長のササダです。
以下は、単身赴任の失敗談です。
官舎は4階、主要な家電製品と家具はレンタル。
業者さんは、洗濯機の設定をするとの約束だったので、
気楽に初めての洗濯を始めた。ああ困った。なんとユカウエ、
1センチメートルの浸水。私が排水経路を、確認しなかったのはまずい。
翌朝、階下の3軒にひらあやまり。
 さて、職場では慣れないことばかり、気疲れの退庁時、
西門を出てフラフラ歩き出したら地面がない。深い側溝へ転落。
さいわい着地はうまくいき、指をすりむいただけだった。
 机上のパソコンは、晴眼だった前課長が使っていたもの。
全盲の私は音声読み上げ用にスクリーンリーダーを、インストールせねばならない。
が、機械への負担は重くなり、メモリ不足が問題となる。
そこで、メモリを増設してもらうことになった。が、作業中に画面は真っ暗。
クラッシュしてしまった。ああ、パソコンなしでの仕事は考えられない、
バンジキュウスかと思ったが、新規購入してもらえることになる。
 では、皆さん、「教えることは、まなぶことです。ともにまなぶ喜びを大切に」。

 再び神戸へ。
ご紹介者、6人目。   教務課。キムラ シュウハク。 
 旧姓石塚から名を変え、フクオカセンターより戻りました。
神戸センターは私にとって、教官となって初めて赴任したこともあり、
思い入れが深い施設です。9年ぶりに戻りしばらくの間は、
施設内の雰囲気の変化にとまどいましたが、一貫した信念、
その主張を耳にしているうちに、関西に戻ってきたことをしみじみ実感しています。
今後は、初心に戻って、周囲の意見を取り入れながら、
個性を、伸ばして行きたいと思います。

 よろしくお願いします。
ご紹介者、7人目。    教務課、 ナカニシ ハツオ。
 3月からお世話になっております。
兵庫県立モウガッコウから、移ってまいりました。
私の名前は、末っ子で長男ということからこの名が、
付けられたそうなんです。
アワジシマで取れて、アワジシマで栽培されました。
幼少期は、海や山を走り回っていましたが、
生まれつき弱視で、段階をヘて、今は全くの全盲です。
ですので、動きは少し遅いですが、弱視と全盲のかた、
それぞれの気持ちは理解しているつもりです。
微力ではありますが、できるかぎりのことをさせていただこうと思っております。
寅年生まれで山羊座のA型です。アイダ ミツヲさんと、サカムラ マサタミさんの
詩集が大好きです。常に友好的、建設的にたずさわってまいりますので、
どうぞよろしくお願い申し上げます。
                            
 よろしくお願いします。
ご紹介者、8人目。     教務課。アサヌマ シュン。
 はじめまして。本年度4月1日から、
こくりつ神戸視力障害センター教務課に事務官として配属になりました、
アサヌマ シュン、と申します。出身は、イワテ県、トシは、20歳です。
ことし晴れて社会人となったわけですが、まだまだ仕事も手につかず、
皆様にはご迷惑ばかりお掛けしてしまい、申し訳ありません。
しかし優しい職場のかたがたにささえられ、「一人前の社会人となる」、
を信念とし、毎日一生懸命頑張っています。まだまだ半人前ですが、
よろしくお願いします。
 
トピックス 組織 サービス概要 お申し込み 調達情報 職員募集 交通案内 リンク サイトマップ 前の画面に戻る