トップ > お知らせ > センターだより45号8頁
全12紙面のうちの8紙面。
障害者自立支援法がスタートします。

 「障害者自立支援法」は、昨年10月の臨時国会で成立し、今年4月よりスタートします。
4月からは、利用者負担の仕組みや、障害にかかる公費負担医療の見直し、10月からは、福祉サービスの体系、
補装具と日常生活の制度、また、障害児施設の利用契約方式化など、さまざまな障害施策の変更が行われます。
 当センターも、この障害者自立支援法に基づき、当面4月からの利用者負担の見直しや、
10月からの新しいサービス体系の以降へ向け、現在、準備を進めております。
 さて、この障害者自立支援法は、これまでの課題を解決し、より多くのかたに適切な保健福祉サービスを受けていただくための新しい仕組みです。
また、能力や適性に応じた訓練や障害の種類を問わない、さまざまなサービスで、自立した地域生活が送れるように、
サポートしていくことが、ねらいとなっています。

 主な制度のあらまし。
共通の仕組み。
 障害者自立支援法は、障害の種別 、(身体障害、知的障害、精神障害、をこえた共通の仕組みに
変わります。そして、さまざまな福祉サービスを市町村が主体となって提供していきます。
新しい共通の仕組み。
身体障害者福祉法。知的障害者福祉法。精神障害者福祉法。児童福祉法。の4つが障害者自立支援法になった。

自立支援を、目的としています。
 自立支援給付を中心に、障害をこえた共通のサービスを提供し、地域での自立と安心をサポートします。
 
トピックス 組織 サービス概要 お申し込み 調達情報 職員募集 交通案内 リンク サイトマップ 前の画面に戻る