トップ > お知らせ > センターだより48号6頁
全8紙面のうちの6紙。
   転入職員紹介。
転入職員紹介、1人目。湯澤 茂男。
 4月1日付けでこくりつ身体障害者リハビリテーションセンターから転勤してまいりました。
どうぞよろしく。出身は、えちごの郷“にいがた県”です。今回で3度目の単身赴任となり、
関西での生活は2度目です。神戸センターは初めてお世話になります。
と言っても4年前に野球大会で一度お邪魔しておりますが、これも何かのゴエン?と思いつつ、
初めての視力センター勤務と単身生活をエンジョイしています。人は外見で判断してはいけません。
強面と思われているようですが、至って優しい心の持ち主ですので、今後ともよろしくお願いいたします。
転入職員紹介、2人目。庶務課、佐藤 春巳。
 4月1日付でしおばらセンターから異動し、神戸センターに勤務させていただくことになりました。
赴任旅行中、おおいがわ・はまなこ・きそがわと南下するにつれ水の色がだんだんトロピカル調?になり、
あぁ暖かい所に向かっているんだと、実感することができました。こちらは都会という
イメージがありましたが、実際に生活してみると、すぐ周りに稲田や畑があり、出身のおおいた県で
5年前まで兼業農家をやっていた私には、安心できて元気の出る風景でもあります。
今同じ神戸センターに一緒にいる皆様かたとの縁を大切に、楽しく仕事をしていきたいと思いますので、
どうぞよろしくお願いいたします。
転入職員紹介、3人目。指導課、工藤 裕司。
 神戸センターで勤務させていただくのは初めてですが、ジツは大変な猛暑だった平成元年に、
歩行指導員の研修で半年程お世話になったことがあります。しかし、当時は一面 (?) 畑だったところに
高層マンションが建ちナラビ、夜はライトアップされた美しいあかしかいきょうおおはしが
目前に浮かび上がり、街の近代化に驚いています。その反面、神戸らしい坂の多さは昔と同じで、
自転車で走り回るのがツラクなってきたあたりは、むしろ私自身の老化現象のようです。
これも何かの縁ですので、当面は坂道相手に体力アップを図ろうと考えています。
どうぞよろしくお願いいたします。
転入職員紹介、4人目。指導課、藤田 ゆかり。
こくりつ身体障害者リハビリテーションセンターの後、こくりついとう重度障害者センターを経て、
この度、神戸センターでお世話になることになりました。方向音痴を絵に描いたような私にとって、
当センターは思いの外広く廊下が入り組んでおり、4月当初は無駄にあちこちサマヨウ毎日でしたが、
最近になって漸く目的の場所まである程度効率良く辿り着くことができるようになりました。
しょないのオリエンテーションがほぼ終了 (?)しましたので、これからは少しずつ
しょがいにも足を伸ばしてみたいと考えているところです。不慣れなため、
皆様にはご迷惑をおかけすることも多いかと思いますが、長い目で暖かく見守って頂けると幸いです。
どうぞよろしくお願いします。
転入職員紹介、5人目。指導課、山本 裕理。
 4月1日付けをもってトコロザワのくにリハセンターより赴任してまいりました。
神戸センターは2度目、10年振りの勤務となります。そのため建物など当時と変わらないところは
懐かしく感じていますが、神戸センター取り巻く環境は自立支援法等大きく変わっていますので、
気を引き締めて業務に専念していきたいと思います。また、4月から自転車通勤をはじめました。
距離的には5kmちょっとですが、運動不足解消にはもってこいなので、こちらも挫折しないよう
頑張って続けて行きたいと思います。どうぞよろしくお願います。
転入職員紹介、6人目。指導課、三浦 久美。
今年4月に採用されましたが、社会福祉士になって5年目です。前職はおおいた県シャキョウの
ボランティア・市民活動コーディネーターとして地域福祉に携わっていました。
そこで数々の素晴らしい出会いがあったおかげで今、神戸センターにいます。
しかしここはシャキョウ・ボラセンとは世界が180度違い、私にとってある意味異国です。
組織や法律、利用者の支援方法など戸惑うことも多い日々ですが、神戸に来てからの数ケ月間に
視覚障害の世界や文化を知ったことで、これまでと違う視点で世の中を見られるようになり、
視野が広がりました。出会いこそ人生の宝探しです!気軽にお声をおかけください。
転入職員紹介、7人目。教務課、西澤 伸之。
西日本での生活を初めてしています。
開放的な雰囲気と風もさわやかで心地よく感じています。しおばらセンター勤務をかけ出しに、
ハコダテからリハ、「そして神戸 (古い)」にやってきました。職場環境では、とまどうこともありますが
少しずつ克服していこうと思っています。家庭生活では妻と息子の3人で暮らしていますが、
宿舎が4階のため見晴らしは良いのですが、足腰と心肺機能の弱りを痛感させられています。
余暇としては、近隣の名所古跡めぐりなどをしてみたいと思っています。
おいしい物もたくさんあるとのことですので、それも楽しみです。
転入職員紹介、8人目。教務課、浮田 正貴。
はじめまして、本年度新規採用になりました浮田と申します。出身はふくおか県です。
神戸に住むのはまったく初めてです。神戸に赴任することが決まってすぐ神戸の情報誌を買いました。
情報誌を見ていてもイメージわかず、引っ越しでドタバタしてよくわからないまま来てしまいました。
徐々に生活に慣れていきながら精一杯仕事をがんばっていきたいと思っています。
家族も神戸は初めてでこれからを楽しみにしています。慣れてきたらいろいろな所に出かけてみたいと
思っています。今後ともご指導よろしくお願いいたします。
 
トピックス 組織 サービス概要 お申し込み 調達情報 職員募集 交通案内 リンク サイトマップ 前の画面に戻る