トップ > お知らせ > センターだより48号7頁
全8紙面のうちの7紙面。
人事異動。
3月31日付。
 ◆ 退 職 。(5名)。
退職、1人目。藤井 修二。 (庶務課長補佐)。
退職、2人目。高倉 義憲。  (指導課長)。
退職、3人目。原田 敦史。  (指導課生活支援専門職)。
退職、4人目。笹田 三郎。  (教務課長)。
退職、5人目。宍戸 新一郎。 (教務課教官)。
4月1日付。
 ◆ 転 出。(4名)。
転出、1人目。松岡 利男。 (所長)。
こくりつ身体障害者リハビリテーションセンター更生訓練所指導部長へ転出。
転出、2人目。石毛 利宏。 (庶務課庶務係)。
こくりつべふ重度障害者センター庶務課会計係長へ転出。
転出、3人目。有馬 早苗。 (指導課主任生活支援専門職)。
こくりつ身体障害者リハビリテーションセンター更生訓練所指導へ転出。
部相談判定課主任心理判定専門職。
転出、4人目。サトリ 幸枝。 (教務課教官)。
こくりつしおばら視力障害センター教務課教官へ転出。
 ◆ 転 入。(6名)。
転入、1人目。湯澤 茂男。 (所長)。
こくりつ身体障害者リハビリテーション。
センター管理部総務課長から転入。
転入、2人目。佐藤 春巳。 (庶務課長補佐)。
こくりつしおばら視力障害センター庶務課会計。
係長から転入。
転入、3人目。工藤 裕司。 (指導課長)。
こくりつ身体障害者リハビリテーション。
センター更生訓練所指導部指導課主任から転入。
生活支援専門職。
転入、4人目。山本 裕理。 (指導課入所者援護係長)。
こくりつ身体障害者リハビリテーションセンター管理部企画課学。
院係長から転入。
転入、5人目。藤田 ゆかり。(指導課主任生活支援専門職)。
こくりついとう重度障害者センター指導課生活支援専門職から転入。
転入、6人目。西澤 伸之。 (教務課長)。
こくりつ身体障害者リハビリテーションセンター更生訓練所理療。
教育部主任教官から転入。
 ◆ 新 規 採 用。(2名)。
新規採用、1人目。三浦 久美。(指導課生活支援員)。
新規採用、2人目。浮田 正貴。 (教務課教官)。
 ◆ 再任用任期更新。(1名)。
森本 宏美。 (庶務課庶務係)。
指導課入所者援護係から再任用任期更新。
 ◆ 内 部 異 動。(2名)。
内部移動者、1人目。浅沼 旬。 (庶務課会計係)。
教務課業務係から内部移動。
内部移動者、2人目。伊藤 毅。(教務課業務係長)。
庶務課会計係から内部移動。

御当地訪問 1。 「休日の遺跡めぐり」。
            指導課、工藤 裕司。
 この4月に単身、神戸に転勤してきてハヤ4ケ月が過ぎました。「おーい」と声を出しても
誰が返事をするわけでもなく、ひたすら掃除に洗濯、買い物というシュフ生活が板につきつつあります。
それでも休日は暇をもてあまし、持病の腰痛対策も兼ねて散歩を始めたところ、意外な発見がありました。
今回はそんな身近な発見をお伝えしましょう。
 神戸センターは、実は神戸市とは言っても西のはずれに位置し、数百メートルも歩けばあかし市に入ります。あかしといえば 「あかし焼き」や 「しごせんまんじゅう」も有名ですが、私としては中学で習った
あかし原人を思い出しました。そのあかし原人も、原人ではなくもう少し時代の新しい旧人 (5〜6万年前)
だったとの解釈が現在の定説となっているようです。しかも、その発見場所とされる
「あかし原人腰骨発見地」は、「あかし象の発掘地」と並んで自転車で行けるほど近くの海辺にあることに
驚かされます。
センター周辺には、こうした歴史のある遺跡が多く点在しており、最も驚いたのは職員宿舎の裏手の
公園に現在も宮内庁が管理する古墳があったことです。この古墳は、おおつか古墳と呼ばれ、
周囲は200メートル足らずですが、池に浮かぶきれいな形の前方後円墳です。日本書記には、
602年に聖徳太子の弟の当麻皇子の妃となる舎人姫王が病死した際に、この古墳に葬られたと
記されています。そもそも子供の頃に教科書でしか見たことのない前方後円墳が、
自分の住んでいる場所の裏手で見られること自体が、明治以降に開拓されたほっかいどうで生まれ育った
私には信じられないことでした。
 さて、神戸に来て驚いたことはこうした遺跡だけではありません。腰痛持ちの私としては、
最近、休日にはリハビリを兼ねてセンター周辺を散策していますが、とにかく溜め池が多いことにも
驚かされました。この溜め池の謎については、次回、なぜか無数にいる溜め池の亀たちが語ってくると
思いますのでご期待ください。
 
トピックス 組織 サービス概要 お申し込み 調達情報 職員募集 交通案内 リンク サイトマップ 前の画面に戻る