トップ > お知らせ > センターだより56号1頁

こくりつ神戸視力障害センター。
センターダヨリ。第57号。平成23年8月20日発行。
発行、こくりつ障害者リハビリテーションセンター、自立支援局、神戸視力障害センター。神戸市ニシク曙町1070。
電話番号078−923−4670。ファックス番号078−928−4122。
全8紙面のうちの1紙面。

平成23年度 就労移行支援(養成施設)
卒業生からの言葉
平成24年2月28日 平成23年度卒業証書授与式が行われました。
今年度の卒業生から、仲間に向けての言葉をいただきました。
石田 大輝
 神戸センターで、多<の人と出会い、沢山のことを
学ぶことができました。勉強の他にも、視覚障害者ス
ポーツの大会や交流会などに参加し、多くの経験を得
ることができました。
 多くの方に支えていただけたおかけで、卒業を迎え
ます。ありがとうございました。
岩井 良之
 センターでの3年間はあっという間に過ぎたように
感じています。勉強が大変だったのと、体調不良に悩
まされたりで、順調とはいかなかったのですが、先生
方やクラスの皆様のサポートのお陰で卒業までたどり
着くことができました。本当にありがとうございまし
た。今後はセンターで学ばせていただいたことを、精
一杯お返しさせていただきたいと思っています。
上田 正彦
 一度はあきらめていた社会復帰。自立訓練での3か
月間の訓練で勇気を貰い、その中で理療の授業を見学
させていたださ、まだ可能性があるかも…と思い、理
療の門をくぐった。しかし、慣れない教科、勉強に戸
惑い、国家試験合格よりも定期試験、進級、卒業を目
標に置き換えてやってきました。
 クラスの仲間、皆々様方の御協力、御支援、御指導
のおかげで、楽しくおもしろいセンター生活を送らせ
ていただき、今日を迎えることが出来ました。心より
感謝いたしております。
 また、ここでの貴重な経験を基に、これから先、頑
張って生きてゆこうと思います。いろいろとお世話に
なり、ありがとうございました。
大河内 健一郎
 やっと、卒業することが出来ました。普通であれば
3年間で卒業でさるところを、突然のアクシデントに
より、もう1年余分にかかってしまいました。
 みんなより、1年多い分、いろいろな人たちにご迷
惑をかけました。
 ありがとうございました。
長澤 欣男
 当センターに入って3年、当初は3年長いなと思っ
ていました。
 これまでの会社勤めから学生に、机に向かっての勉
強は30数年ぶり、慣れるのが大変でした。 1年の夏休
みに経穴を必死のパッチで覚えたのがつい先日のよう
です。
 身体の仕組みや東洋医学にまったく知識がなかった
私でしたが、3年間勉強させてもらったことで多少は
身についたと感じています。
 同じクラスになった人達と楽しく過ごせたことを嬉
しく思っています。
 センターで学んだことを生かして社会に出ても頑張っ
ていきたいと思っています。
 センターの職員の皆さん、ありがとう御座いました。
 
 
トピックス 組織 サービス概要 お申し込み 調達情報 職員募集 交通案内 リンク サイトマップ 前の画面に戻る