トップ > お知らせ > センターだより57号5頁

全8紙面のうちの5紙面。


自立訓練レクリエーション
 11月25日、自立訓練の利用者6名の参加のもと、センター教室棟からも見える、本州と淡路島とを結ぶ
吊橋、明石海峡大橋へ所外レクに出かけました。
 明石海峡大橋は、全長3,911mの吊橋で、吊橋の規模を示す中央支間長(塔と塔の距離)は、世界−の1,991
mを誇ります。さらに主塔の高さは海面上約300mで、東京タワー(333m)とほぼ同じ高さになります。
 潮流が激しく、水深の深い明石海峡に、橋梁技術の粋が集められ、建設された橋を、普段、じっくり
見学することがないため、参加者も、橋の様子に圧倒されていました。
橋の科学館では、実際に触れて楽しめる展示物もあり、橋の構造や建設経過を分かりやすく解説した資
料やDVD放映があり、ワイヤーの大さや、潮風に錆びないための工夫を知リ、一同感心させられました。
また、舞子海上プロムナードは、海面から約47m、陸地から約
150m、明石海峡へ突出した延長約317mの回遊式遊歩道で、も
ろに風が吹き抜けるため、展望ラウンジの中で休憩し、しばし
暖をとり記念撮影を行いました。
 時間はすぐに過ぎ、参加者からは、寒かった、疲れた等の感
想をもらい、無事に参加者一同帰途に着きました。幸い、翌週
の訓練を風邪で欠席することもなく、一安心しました。機会が
あれば、皆さんもゆっくりと橋見学してみてはいかがでしょう。
視覚障害者の理解のために
神戸市立出合小学校「福祉体験学習」
 10月7日、小学4年生95名を対象に「福祉体験学習」を、神戸市立出合小学校体育館で行いました。
自分たちの生活に身近にいる障害者に対し、ちょっとした思いやりや優しさを持つことの大切さに気づ
け、相手の側に立った言葉がけや工夫について感覚的に体験することを目的に行いました。
 95名を6グループに分け次の内容で行いました。@目隠しして一人で歩くA前ならえをして歩くB手
を横に広げて歩くC電車ごっこのように肩に手を置いて歩き、
先頭を次々に交替するもので、二人一組になり目隠しと誘導
する体験を交互にするという4つの構成としました。
 特にCで先頭の子どもを一番後に来てもらうときに、声が
けやちょうどの場所に移動してきてもらうことの難しさと、
適切な言葉や手を叩くなどの工夫が大切なことが実感された
ようです。
 今後も地域との交流を深めていく上でも、「福祉体験学習」
の取組を継続していく予定です。
 
 
トピックス 組織 サービス概要 お申し込み 調達情報 職員募集 交通案内 リンク サイトマップ 前の画面に戻る