ページの先頭 本文へジャンプ
サイトマップ  English
現在の位置
トップページ >月例報告
ナビゲーションおわり
ここから本文  本文を飛ばす

b.
月例報告


 平成26年度

平成27年度

 

 研究発表

1 学会・研究会等への発表

(1)研究所
○脳機能系障害研究部
1 井手正和,日高聡太. 触覚誘導性視覚マスキング. 日本基礎心理学会第33回大会サテライトオーラルセッション (2014年12月, 首都大学東京)
○義肢装具技術研究部
1 星野元訓,伊藤和幸,新妻淳子, 吉田由美子,岩崎洋,廣瀬秀行,関宏三,岸裕美,櫻井圭祐,
大熊雄祐. 難治性褥瘡症例に対する遠隔地間シーテイングにおけるモールド式クッションの適合.
第30回日本義肢装具学会学術大会,岡山,2014-10-18/10-19.日本義肢装具学会誌,30,2014,p.282.
○運動機能系障害研究部
1 佐藤浩司,渡邉梢,山本紳一郎,河島則天.Split-beltトレッドミルにおける速度の違いによる歩行の適応/学習過程の変化.第27回バイオエンジニアリング講演会,新潟,2015-01-09/01-10.講演会論文集,2015,p.519.
2 緒方徹. リハビリからみる脊髄再生医療. 第10回Chiba neuroresearch meeting. 千葉, 2015-01-10.
○障害福祉研究部
1 Kitamura, Y., Maekawa, A., Fukatsu, R., Agarie, H., Suzuki, M., Fukuda, A. Gorie, Y., and Kawamura, H., Development and Dissemination of Disaster Preparedness Manuals and Drills for Persons with Disabilities. Tokyo Conference on International Study for Disaster Risk Reduction and Resilience 2015.1.14-16.

2 論文発表:センター研究紀要以外への発表

(1)病院
1Nagata, K., Yoshimura, N., Hashizume, H., Muraki, S., Ishimoto, Y., Yamada, H., Takiguchi, N., Nakagawa, Y., Minamide, A., Oka, H., Kawaguchi, H., Nakamura, K., Akune, T., Yoshida, M. The prevalence of cervical myelopathy among subjects with narrow cervical spinal canal in a population-based magnetic resonance imaging study: the Wakayama Spine Study. Spine J. 14(12), 2014, p.2811-7.
2深津玲子. 神経難病患者の就労支援. 作業療法ジャーナル. 49(1), 2014, p.38-42.
3 西脇友紀, 阿曽沼早苗, 小野峰子, 仲村永江, 田中恵津子. 視能訓練士の拡大鏡選定状況-アンケート調査-. 日本視能訓練士協会誌. 43, 2014, p.277-285.

(2)研究所
○脳機能系障害研究部
1Nishikawa N, Shimo Y, Wada M, Hattori N, Kitazawa S. Effects of aging and idiopathic Parkinson's disease on tactile temporal order judgment. PLOS ONE. in press.
○運動機能系障害研究部
1Hobara, H., Inoue, K., Kobayashi, Y., Ogata, T. A comparison of computation methods for leg stiffness during hopping. Journal of Applied Biomechanics. 30(1), 2014, p.154-159.
2Tazoe, T., Endoh, T., Kitamura, T., Ogata, T. Polarity specific effects of transcranial direct current stimulation on interhemispheric inhibition. PLOS One, 9(12), 2014, e114244.
3Hobara, H., Kobayashi, Y., Nakamura, T., Yamasaki, N., Ogata, T. Foot clearance strategy for step-over-step stair climbing in transfemoral amputees. Prosthetics and Orthotics International. 38(4), 2014, p.332-335.
4Nagao, M., Lanjakornsiripan, D., Itoh, Y., Kishi, Y., Ogata, T., Gotoh, Y. High mobility group nucleosome-binding family proteins promote astrocyte differentiation of neural precursor cells. Stem Cells, 32(11), 2014, p.2983-2997.
5Hayakawa, K., Okazaki, R., Morioka, K., Nakamura, K., Tanaka, S., Ogata, T. Lipopolysaccharide preconditioning facilitates M2 activation of resident microglia after spinal cord injury. Journal of Neuroscience Research, 92(12), 2014, p.1647-1658.
6Sumitani, M., Misaki, M., Kumagaya, S., Ogata, T., Yamada, Y., Miyauchi, S. Dissociation in accessing space and number representations in pathologic pain patients. Brain and Cognition, 90, 2014, p.151-156.
7Hamanoue, M., Ikeda, Y., Ogata, T., Takamatsu, K. Predominant expression of N-acetylglucosaminyltransferase V (GnT-V) in neural stem/progenitor cells. Stem Cell Res. 14(1), 2014, p.68-78.
8Fujiwara, S., Hoshikawa, S., Ueno, T., Hirata, M., Saito, T., Ikeda, T., Kawaguchi, H., Nakamura, K., Tanaka, S., Ogata, T (corresponding). SOX10 Transactivates S100B to Suppress Schwann Cell Proliferation and to Promote Myelination. PLoS ONE. 9(12), 2014, e115400.
9Hayakawa, K., Uchida, S., Ogata, T., Tanaka, S., Kataoka, K., Itaka, K., Intrathecal injection of a therapeutic gene-containing polyplex to treat spinal cord injury. J Control Release. 197, 2015, p.1-9.
10Masugi Y, Kitamura T, Kamibayashi K, Ogawa T, Ogata T, Kawashima N, Nakazawa K, Velocity-dependent suppression of the soleus H-reflex during robot-assisted passive stepping. Neurosci Lett. 584, 2015, p.337-341.
○感覚機能系障害研究部
1Chu Shin Ying, 酒井奈緒美, 小倉(青木)淳, 森浩一. 吃音のある成人へのビデオセルフモデリングによる介入の試み:主観的評価でみた有用性. 日本音声言語医学会. 56(1), p.20-29.

3 総合報告

(1)研究所
○脳機能系障害研究部
1神作憲司. 視覚刺激によるBMI, 多様な症状に対応できるシステムを構築したい. 日本ALS協会会報. 94; 22-23, 2015.


4 著 書

(1)病院
1 落合芙美子, 粟生田友子. 序章 リハビリテーション看護とは; 粟生田友子編集 新体系看護学全書別巻 リハビリテーション看護. メヂカルフレンド社,2015-01, p.1-11.
2 粟生田友子. 第1章リハビリテーション看護を必要とする人 1.障害を負うということ;粟生田友子編集 新体系看護学全書別巻 リハビリテーション看護. メヂカルフレンド社,2015-01, p.14-20.
3 粟生田友子. 第4章リハビリテーション看護の独自性 1.リハビリテーション看護の独自性と専門性;粟生田友子編集 新体系看護学全書別巻 リハビリテーション看護. メヂカルフレンド社,2015-01, p.114-122,.
4 佐藤千春. 第5章リハビリテーション看護の基本的な方法 1.障害のある人をアセスメントするための基本的な評価ツール;粟生田友子編集 新体系看護学全書別巻,リハビリテーション看護,メヂカルフレンド社, 2015-01, p.13-20.
5 佐藤千春. 第5章リハビリテーション看護の基本的な方法 Ⅱ―E.休息;粟生田友子編集 新体系看護学全書別巻 リハビリテーション看護. メヂカルフレンド社,2015-01, p.229-241,
6 粟生田友子. 第5章リハビリテーション看護の基本的な方法 Ⅱ―G.見る・聞く;粟生田友子編集 新体系看護学全書別巻 リハビリテーション看護. メヂカルフレンド社,2015-01, p.261-273.
7 佐藤千春. 第5章リハビリテーション看護の基本的な方法 Ⅱ―I.身だしなみを整える;粟生田友子編集 新体系看護学全書別巻 リハビリテーション看護. メヂカルフレンド社,2015-01, p.292-307.
8 横田陽子. 第7章リハビリテーション医療・看護の課題 E.障害のある人の性の問題;粟生田友子編集 新体系看護学全書別巻 リハビリテーション看護. メヂカルフレンド社,2015-01, p.406-411.

(2)研究所
○脳機能系障害研究部
1神作憲司. Brain-Machine Interface研究の臨床応用. シリーズ<アクチュアル脳・神経疾患の臨床>神経難病医療. 辻省次(編集).中山書店(印刷中)
2Kansaku, K. Practical noninvasive brain-machine interface system for communication and control. Clinical Systems Neuroscience. (Eds) Kansaku, K., Cohen, L.G., Birbaumer, N., Tokyo, Springer (in press)
3 和田真, 北澤茂. 神経生理学への招待 感覚総論. Clinical Neuroscience (月刊臨床神経科学)中外医学社 Vol.33(1). p. 8-9. Vol.33(1). p. 8-9.


5 その他

(招待講演、特別講演)
(1)病院
1西田朋美. ロービジョン. 第13回愛媛大学医学部同窓会東日本支部総会.東京, 2015-01-24.
2西田朋美. ロービジョン. 平成26年度横浜市立大学医学部3年眼科講義.神奈川,2015-01-29.

(2)研究所
○障害工学研究部
1外山滋. 障害者を対象としたセンサの開発. 第85回化学センサ研究会, 大阪, 2015-1-23.

(一般紙誌等)
(1)研究所
○障害工学研究部
1 小野栄一. ファッションは障害のある人の様々な生活支援につながる. 日本生活支援工学会誌Vol.14 No.2, pp.26-28, 2014-12-15, ISSN1347-1724.

(講演・講義以外)
(1)研究所
○障害福祉研究部
1前川あさ美、北村弥生. iPad版「守るカード」ワークショップ. 石巻市役所. 2015-1-23.

(標準化活動など)
(1)研究所
○福祉機器開発部
1ISO/TC173/SC2(国際標準化機構・福祉用具委員会・福祉用具の分類と用語分科会)委員.
2ISO/TC173/WG10 (国際標準化機構・福祉用具委員会・認知機能支援機器)委員.
3ISO/TC159国内対策委員会委員.
4ロボット介護機器開発・導入促進事業(基準策定・評価事業)ロボット介護機器標準化委員会 委員
5ISO/TC173検討委員会委員(社会ニーズ(安全・安心)・国際幹事等輩出分野に係る国際標準化活動:福祉用具(車いす座位変換機能等)に関する標準化.
6ISO/TC173車いす座位変換機能国際標準分科会委員.
7車いす(手動車いす、電動車いす及びハンドル形電動車いす)関するJIS開発本委員会 委員.(平成26年度経済産業省 高機能JIS等整備事業)
8日本工業標準調査会臨時委員:高齢者・障害者支援専門委員会(工業標準に係る調査審議)
9ISO/TC168(義肢・装具)国内対策委員会 委員
10ISO上層対応委員会 委員
11ISO/TC168(義肢・装具)国内対策委員会 委員・事務局
12下肢装具の構造強度・機能の試験評価法に関する委員会 委員
13JISTO101改正原案作成委員会 委員
 

 海外派遣状況


No. 氏 名 所 属 派遣先 派遣期間 派遣目的
1井上 剛伸研究所デンマーク
コペンハーゲン

平成27年1月26日
〜1月31日

ISO/TC173/WG10(福祉用具専門員会第10作業部会(認知機能支援機器)国際会議への参加
2西浦 裕子研究所デンマーク
コペンハーゲン

平成27年1月26日
〜1月31日

ISO/TC173/WG10(福祉用具専門員会第10作業部会(認知機能支援機器)国際会議への参加

本文おわり:
ページの先頭に戻る(z)   トップページに戻る(o)
フッター:
問い合わせ先(c) 国立障害者リハビリテーションセンター,all rights reserved.
〔所在地〕 〒359-8555 埼玉県所沢市並木4丁目1番地 〔電話〕 04-2995-3100(代) 〔FAX〕 04-2995-3102(代)
ページおわり: ページの先頭に戻る