ページの先頭 本文へジャンプ
サイトマップ  English
現在の位置
トップページ >月例報告
ナビゲーションおわり
ここから本文  本文を飛ばす

b.
月例報告


 平成27年度

平成28年度
平成26年度

 

 研究発表

1 学会・研究会等への発表

(1)病院
1飛松好子. 高齢移動障害者に対する義肢装具. 第88回日本整形外科学会学術総会 パネルディスカッション18 医療・介護・ロコモ支援ロボットのイノベーション. 神戸, 2015-05-21/05-24.
2 籠谷良平, 吉田宗人, 村木重之, 岡敬之, 橋爪洋, 山田宏, 寺口真年, 阿久根徹. びまん性特発性骨増殖症と骨密度およびCTX2との関係. 第88回日本整形外科学会学術総会. 神戸, 2015-05-21/05-24.
3 浅井宣樹, 筒井俊二, 山田宏, 橋爪洋, 吉田宗人, 吉村典子, 村木重之, 阿久根徹, 岡敬之. 日本人の加齢性変化に伴う脊柱矢状面アライメントの検討. 第88回日本整形外科学会学術総会. 神戸, 2015-05-21/05-24.
4 児玉理恵, 岡敬之, 村木重之, 田中栄, 川口浩, 中村耕三, 阿久根徹, 吉村典子. 手指の変形性関節症と関連因子の検討―The ROAD study―. 第88回日本整形外科学会学術総会. 神戸, 2015-05-21/05-24.
5 吉村典子, 村木重之, 岡敬之, 田中栄, 川口浩, 中村耕三, 阿久根徹. サルコペニアの疫学的特徴と骨関節疾患の関連:The ROAD study第2回調査. 第88回日本整形外科学会学術総会.神戸, 2015-05-21/05-24.
6 村木重之, 阿久根徹, 田中栄, 川口浩, 中村耕三, 岡敬之, 吉村典子. 変形性膝関節症における骨棘形成は痛みやADL障害の増悪を予測しうるか―ROADスタディ追跡調査―. 第88回日本整形外科学会学術総会. 神戸, 2015-05-21/05-24.
7 飯高世子, 村木重之, 岡敬之, 田中栄, 川口浩, 中村耕三, 阿久根徹, 吉村典子. 変形性股関節症の有病率と痛みとの関連―The ROAD study―. 第88回日本整形外科学会学術総会. 神戸, 2015-05-21/05-24.
8 寺口真年, 吉村典子, 橋爪洋, 村木重之, 山田宏, 南出晃人, 岡敬之, 岡敬之, 石元優々, 長田圭司, 籠谷良平, 瀧口登, 阿久根徹, 川口浩, 中村耕三, 吉田宗人. 一般住民コホートを用いた全脊柱における椎間板変性の有病率と分布について:The Wakayama Spine Study. 第88回日本整形外科学会学術総会, 神戸, 2015-05-21/05-24.
9 寺口真年, 吉村典子, 橋爪洋, 村木重之, 山田宏, 岡敬之, 南出晃人, 阿久根徹, 吉田宗人. 腰椎椎間板周囲の変化と腰痛の関係―The Wakayama Spine Study―. 第88回日本整形外科学会学術総会. 神戸, 2015-05-21/05-24.
10 阿久根徹, 村木重之, 緒方徹, 田中栄, 中村耕三, 吉村典子. ロコモ度テストと要介護予測指標との関連:ROADスタディ第3回目疫学調査より. 第52回日本リハビリテーション医学会学術集会. 新潟,  2015-05-28/05-30.
11 浦上裕子, 二宮充喜子,山里道彦, 飛松好子. 抗NMDA受容体脳炎の記憶障害に対するリハビリテーション. 第52回日本リハビリテーション医学会学術集会. 新潟,  2015-05-28/05-30.
12前野崇, 大熊雄祐, 丸田浩貴, 二宮充喜子, 高橋剛治, 西坂智佳, 飛松好子, 赤居正美. 断端の瘢痕のため訓練に難渋した股義足の一例. 第52回日本リハビリテーション医学会学術集会.新潟,  2015-05-28/05-30.
13丸田浩貴, 西坂智佳, 近藤怜子, 二宮充喜子, 前野崇, 緒方徹, 大熊雄祐, 阿久根徹, 飛松好子. ASIA機能障害尺度A,Bの脊髄損傷者 における下肢骨骨折の特徴の検討. 第52回日本リハビリテーション医学会学術集会. 新潟, 2015-05-28/05-30.
14高橋剛治, 丸田浩貴, 大熊雄祐, 西坂智佳, 二宮充喜子, 前野崇, 飛松好子, 赤居正美. 肺炎球菌性電撃性紫斑病による四肢切断の症例. 第52回日本リハビリテーション医学会学術集会. 新潟,  2015-05-28/05-30.
15西田朋美. 視覚障害認定基準とその運用における注意点.シンポジウム1「視覚障害者認定基準における視野評価」. 第4回日本視野学会学術集会.石川,2015-05-30/05-31.
16石川浩太郎, 西尾信哉, 宇佐美真一.難聴原因遺伝子の同定と共に別の遺伝子変異保因者であることが診断された2家系. 第116回日本耳鼻咽喉科学会総会・学術講演会. 東京, 2015-05-21.

(2)研究所
○脳機能系障害研究部
1神作憲司. 頭皮脳波を用いたブレイン−マシン・インターフェイスの研究開発. 第54回日本生体医工学会大会・オーガナイズドセッション「マルチモーダル脳情報研究の最前線 〜基礎から応用まで〜」. 2015年5月; 名古屋
○感覚機能系障害研究部
1森浩一. 成人吃音の認知行動療法による治療. 第41回日本コミュニケーション障害学会学術講演会、吃音および流暢性障害研究分科会.福岡, 2015-05-17.
2酒井奈緒美, 森浩一.質問紙調査から示された不安と吃音への対処法との関係. 第41回日本コミュニケーション障害学会学術講演会.福岡,2015-05-16/05-17.
○障害工学研究部
1長谷川伸悟, 松日楽信人, 川村友也, 尾形邦裕, 小野栄一, 中山剛. 人の動作に基づく上肢帯機構を有するロボットアームの運動解析. ロボティクス・メカトロニクス講演会2015, 京都, 2015-5-17/5-19.
○障害福祉研究部
1高橋競、北村弥生. 頸髄損傷者における災害時の排泄への不安とその対策に関する質的研究. 日本老年泌尿器科学会. 浜松. 2015-05-8/05-9

(3)学院
○義肢装具学科
1新谷康介,岡田充弘,池渕充彦,徳井亜加根,中村博亮.ダイナミックスプリントにおける伸展補助力に関する問題点.第52回日本リハビリテーション医学会学術集会,新潟,2015-05-28/2015-05-30.プログラム・抄録集:S248.

(4)企画・情報部
○高次脳機能障害情報・支援センター
1二宮 正樹,加藤 徳明,吉野 修,小林 康孝,岡崎 哲也,佐伯 覚,蜂須賀研二,中島八十一.脳障害者の自動車運転再開における机上課題と実車評価の現状調査.第52回日本リハビリテーション医学会学術集会.新潟,2015-5-29.
2太田 令子,荏原実千代,中島八十一,吉永 勝訓.小児期発症高次脳機能障害の支援実態調査報告3−復学・就学支援実態を中心に−.第52回日本リハビリテーション医学会学術集会.新潟,2015-5-30.


2 論文発表:センター研究紀要以外への発表

(1)病院
1Yoshimura, N., Muraki, S., Oka, H., Tanaka, S., Kawaguchi, H., Nakamura, K., Akune, T. Mutual associations among musculoskeletal diseases and metabolic syndrome components: A 3-year follow-up of the ROAD study. Mod Rheumatol. 25(3), 2015, p.438-448.
2 石川浩太郎. 先天性難聴の遺伝子検査の位置づけ. Otol Jpn. 25(2), 2015, p.135-139.
3 樋口幸治, 山下文弥, 緒方徹, 飛松好子, 宮嶋利成, 瀧澤素子, 吉永勝訓, 宮地秀行, 小池純子, 田川豪太. 障害者の健康づくりのプログラムの構築と普及のための地域連携型モデル事業の試行について.日本運動器科学会誌 運動器リハビリテーション. 26(1),2015, p.71-77.
4 粟生田友子. 認知機能低下のある高齢入院患者への新しいせん妄ケア. 日本運動器看護学会誌. 10, 2015, p.18-25.
5 粟生田友子. 患者のQOL/QOVを支えるためにできること−視機能ケアにむけて看護師が発揮できる役割−. 第30回日本視機能看護学会研究発表収録. 2015, p.27.

(2)研究所
○脳機能系障害研究部
1Sakurada, T., Kawase, T., Komatsu, T., Kansaku, K. Use of high-frequency visual stimuli above the critical flicker frequency in a SSVEP-based BMI. Clinical Neurophysiology, (in press)
2Hidaka, S. & Ide, M. (2015) Sound can suppress visual perception. Scientific Reports, 5,10483.
3池田華子,田中智明,石山智弘,日高聡太,宮崎弦太(印刷中)超高精細映像とハイビジョン映像から生じる感性的印象の比較;日本感性工学会論文誌.


3 研究報告書

(1)病院
1浦上裕子. 低酸素脳症者の実態、生活支援、社会支援についての多施設共同研究:学術研究助 成基金 基盤研究(C) 分担研究報告書. 埼玉所沢, 2015, p.125.

4 著 書

(1)研究所
○脳機能系障害研究部
1神作憲司. Brain-Machine Interface研究の臨床応用. シリーズ<アクチュアル 脳・神経疾 患の臨床>すべてがわかる神経難病医療. 辻省次, 西澤正豊(編集).中山書店, pp. 226-234, 2015.
2 和田真, 北澤茂. 神経生理学への招待 体性感覚(4)痛覚の分類と受容器. Clinical Neuroscience (月刊臨床神経科学)中外医学社 Vol.33(5). p. 492-3.

5 教育・実務資料

(1)研究所
○脳機能系障害研究部
1和田真. 生理学講義1, 国リハ学院言語聴覚学科 生理学. 2015-5-13
2 和田真. 生理学講義2, 国リハ学院言語聴覚学科 生理学. 2015-5-20
3 和田真. 生理学講義3, 国リハ学院言語聴覚学科 生理学. 2015-5-27

6 その他

(招待講演、特別講演)
(1)病院
1西田朋美. ベーチェット病を通して私が学んだこと.平成27年度ベーチェット病友の会静岡県支部医療講演会.静岡県社会福祉会館(シズウェル), 静岡,2015-05-17.
2西田朋美.視覚障がい者スポーツ.平成27年度第1回視覚障害者用補装具適合判定医師研修会.厚生労働省.埼玉,2015-05-21/05-23.
3 西田朋美.診断書等の書き方と事例.平成27年度第1回視覚障害者用補装具適合判定医師研修会.厚生労働省.埼玉,2015-05-21/05-23.
4 三輪まり枝. レベルA.平成27年度視覚障害者用補装具適合判定医師研修会(第1回).厚生労働省.埼玉, 2015-05-21.
5 三輪まり枝. 偏心視のアドバイス.平成27年度視覚障害者用補装具適合判定医師研修会(第1回).厚生労働省.埼玉, 2015-05-21.
6 三輪まり枝. レベルB. 平成27年度視覚障害者用補装具適合判定医師研修会(第1回).厚生労働省.埼玉, 2015-05-21.
7 三輪まり枝. 弱視眼鏡.平成27年度視覚障害者用補装具適合判定医師研修会(第1回).厚生労働省.埼玉, 2015-05-21.
8 三輪まり枝. 拡大読書器.平成27年度視覚障害者用補装具適合判定医師研修会(第1回).厚生労働省.埼玉, 2015-05-21.
9 三輪まり枝, 山田明子, 西脇友紀, 中西勉. 実習Ⅳ. 平成27年度視覚障害者用補装具適合判定医師研修会(第1回).厚生労働省.埼玉, 2015-05-21.
10 三輪まり枝. 小児のロービジョンケア. 平成27年度視覚障害者用補装具適合判定医師研修会(第1回).厚生労働省.埼玉, 2015-05-22.
11 三輪まり枝, 山田明子, 西脇友紀. 実習Ⅰ,Ⅱ,Ⅴ. 平成27 年度視覚障害者用補装具適合判定医師研修会(第1回).厚生労働省.埼玉, 2015-05-21/05-23.
12 山田明子.遮光眼鏡. 平成27年度視覚障害者用補装具適合判定医師研修会(第1回).厚生労働省.埼玉, 2015-05-21.
13 中西勉. 実習Ⅲ ガイド・疑似体験.平成27年度視覚障害者用補装具適合判定医師研修会(第1回).厚生労働省.埼玉, 2015-05-21.

(講演、講義以外)
(1)研究所
○感覚機能系障害研究部
1酒井奈緒美.吃音の臨床について‐多様な症状への対応‐.東京言友会金曜例会, 東京.2015-05-22.
○福祉機器開発部
(一般紙誌等)
1硯川潤. 【寄稿・障害者の備え】【災害と暮らし】障害者の備えをリスト化  個性に合わせるキット開発. 共同通信社配信, 2015-04-09.
2 硯川潤. 【寄稿・障害者の備え】【災害と暮らし】障害者の備えをリスト化  個性に合わせるキット開発. 河北新報, 2015-04-15.
3 硯川潤. 【寄稿・障害者の備え】【災害と暮らし】障害者の備えをリスト化  個性に合わせるキット開発. 長崎新聞, 2015-04-15.
4 硯川潤. 【寄稿・障害者の備え】【災害と暮らし】障害者の備えをリスト化  個性に合わせるキット開発. 茨城新聞, 2015-04-17.
5 硯川潤. 【寄稿・障害者の備え】【災害と暮らし】障害者の備えをリスト化  個性に合わせるキット開発. 日本海新聞, 2015-04-17.
6 硯川潤. 【寄稿・障害者の備え】【災害と暮らし】障害者の備えをリスト化  個性に合わせるキット開発. 下野新聞, 2015-04-20.
7 硯川潤. 【寄稿・障害者の備え】【災害と暮らし】障害者の備えをリスト化  個性に合わせるキット開発. 中国新聞, 2015-04-20.
8 硯川潤. 【寄稿・障害者の備え】【災害と暮らし】障害者の備えをリスト化  個性に合わせるキット開発. 山梨日日新聞, 2015-04-21.
9 硯川潤. 【寄稿・障害者の備え】【災害と暮らし】障害者の備えをリスト化  個性に合わせるキット開発. 山陰中央新報, 2015-04-28.
10 硯川潤. 【寄稿・障害者の備え】【災害と暮らし】障害者の備えをリスト化  個性に合わせるキット開発. 神奈川新聞, 2015-05-13.
(メディア掲載)
1硯川潤. 障害者の災害対策チェックキット, ラジオ大阪「防災〜守れる命〜」. 2015-05-30.

本文おわり:
ページの先頭に戻る(z)   トップページに戻る(o)
フッター:
問い合わせ先(c) 国立障害者リハビリテーションセンター,all rights reserved.
〔所在地〕 〒359-8555 埼玉県所沢市並木4丁目1番地 〔電話〕 04-2995-3100(代) 〔FAX〕 04-2995-3102(代)
ページおわり: ページの先頭に戻る