ページの先頭 本文へジャンプ
サイトマップ  English
現在の位置
トップページ >月例報告
ナビゲーションおわり
ここから本文  本文を飛ばす

b.
月例報告


 平成27年度

平成28年度
平成26年度

 

 研究発表

1 学会・研究会等への発表

(1)病院
1清水朋美. 手術とロービジョンケア. 教育セミナー13 眼科手術の基礎知識:手術の基礎から術後ロービジョンケアまで. 第39回日本眼科手術学会学術総会. 福岡, 2016-01-29/01-31.

(2)研究所
○脳機能系障害研究部
1高野弘二, 大良宏樹, 神作憲司.視覚誘発性BMIにおける発振現象の解析と利用. 「非線形発振現象を基盤としたヒューマンネイチャーの理解」第1回領域会議. 2016-01;福岡.


2 論文発表:センター研究紀要以外への発表

(1)病院
1Iidaka, T., Muraki, S., Akune, T., Oka, H., Kodama, R., Tanaka, S., Kawaguchi, H., Nakamura, K., Yoshimura, N. Prevalence of radiographic hip osteoarthritis and its association with hip pain in Japanese men and women: the ROAD study. Osteoarthritis Cartilage. 24, 2016, p.117-123.
2浦上裕子, 山里道彦, 白岩伸子, 飛松好子. 抗NMDA受容体脳炎の記憶障害に対するリハビリテーション.JJRM(リハビリテーション医学). 53(1), 2016, p.75-87.
3Matsumoto, A., Suzuki, H., Fukatsu, R., Shimizu, H., Suzuki, Y., Hisanaga, K. An autopsy case of frontotemporal lobar degeneration with the appearance of fused in sarcoma inclusions (basophilic inclusion body disease) clinically presenting corticobasal syndrome. Neuropathology. 36, 2016, p.77-87.


3 総合報告

(1)研究所
○脳機能系障害研究部
1神作憲司. 脳波によるBrain-Machine Interface. Clinical Neuroscience. (印刷中).


4 著 書

(1)病院
1粟生田友子. 第Ⅰ章 リハビリテーション看護の考え方.リハビリテーション看護の目的と考え方.看護実践のための根拠がわかる成人看護技術 リハビリテーション看護. 粟生田友子, 石川ふみよ編. 東京, メヂカルフレンド社, 2016-01-31, p.2-7.
2粟生田友子. 第Ⅲ章 リハビリテーション看護における基本技術.心理社会的アセスメント.看護実践のための根拠がわかる成人看護技術 リハビリテーション看護. 粟生田友子, 石川ふみよ編. 東京, メヂカルフレンド社, 2016-01-31, p.54-65.
3粟生田友子. 第Ⅳ章 リハビリテーション看護における自立支援.リハビリテーション看護における生活機能の捉え方.看護実践のための根拠がわかる成人看護技術 リハビリテーション看護. 粟生田友子, 石川ふみよ編. 東京, メヂカルフレンド社.2016-01-31, p.78-79.
4粟生田友子. 第Ⅳ章 リハビリテーション看護における自立支援.障害者の自立支援の方法.看護実践のための根拠がわかる成人看護技術 リハビリテーション看護. 粟生田友子, 石川ふみよ編. 東京, メヂカルフレンド社, 2016-01-31, p.81-91.
5粟生田友子. 第Ⅴ章 障害のある人の生活支援のための看護技術.「見る」「聞く」機能の障害と援助技術. 看護実践のための根拠がわかる成人看護技術 リハビリテーション看護. 粟生田友子, 石川ふみよ編. 東京, メヂカルフレンド社, 2016-01-31, p.203-221.
6瀬尾昌枝. 第Ⅴ章 障害のある人の生活支援のための看護技術.性の機能障害と援助技術. 看護実践のための根拠がわかる成人看護技術 リハビリテーション看護. 粟生田友子,石川ふみよ編.東京, メヂカルフレンド社, 2016-01-31.

(2)研究所
○障害福祉研究部
1細江宣宏,我澤賢之,橋本日出男.テキストブック応用一般均衡モデリング 第2版 プログラムからシミュレーションまで,東京大学出版会,2016-01-29.


5 教育・実務資料

(1)病院
1粟生田友子, 粕谷陽子, 新家尚子, 川里庸子. DVD VIDEO編集. 第6巻 高次脳機能障害・失語症のリハビリテーション看護. 見て知るリハビリテーション看護. 粟生田友子監修. 東京, 丸善出版株式会社 映像メディア部, 2016-01.


6 その他

(招待講演、特別講演)
(1)病院
1中西勉.第37回視覚障害者リハビリテーション指導者講習会. 東京都眼科医会. 東京, 2016-01-09.
2 三輪まり枝.網膜色素変性症とロービジョンケアについて−日常生活における工夫やアドバイス−. 江東区難病対策講演会. 江東区深川南部保健相談所. 東京, 2016-01-28.

(2)研究所
○福祉機器開発部
1硯川潤.福祉機器の適合デザイン 〜失敗しないための設計論〜.とやま医薬工連携研究会「平成27年度 第2回セミナー(福祉機器)」.富山,2016-01-28.

(3)企画・情報部
○高次脳機能障害情報・支援センター
1中島八十一.日本における高次脳機能障害者の支援〜高次脳機能障害のこれまでと、これから〜.宮城高次脳機能障害リハビリテーション講習会.仙台,2016-01-30.

(講義)
(1)病院
1清水朋美. ロービジョン. 平成27年度横浜市大医学部3年眼科講義.横浜市大. 神奈川, 2016-01-28.
2 岩渕典仁.「トレーニング論」平成27年度東京都中級障がい者スポーツ指導員養成講習会.東京,2016-01-09.

(講演・講義以外)
(1)研究所
○福祉機器開発部
(一般紙誌等)
1今井倫太,小野哲雄,篠沢一彦,大澤博隆,飯塚博幸,硯川潤.人の適応性を支える環境知能システムの構築,人工知能,2016年1月号(Vol.31,No.1).p43-49.2016.
○障害福祉研究部
1北村弥生. 第15回 国連障害統計に関するワシントン・グループ会議に出席して. 国リハニュース 355号(平成28年1月号).
2我澤賢之. 「平成27年度 価格根拠審査概要について(完成用部品指定申請等予備審査報告)」, 厚生労働省 第30回補装具評価検討会, 2016-01-15, 所沢.


本文おわり:
ページの先頭に戻る(z)   トップページに戻る(o)
フッター:
問い合わせ先(c) 国立障害者リハビリテーションセンター,all rights reserved.
〔所在地〕 〒359-8555 埼玉県所沢市並木4丁目1番地 〔電話〕 04-2995-3100(代) 〔FAX〕 04-2995-3102(代)
ページおわり: ページの先頭に戻る