ページの先頭 本文へジャンプ
サイトマップ  English
現在の位置
トップページ >月例報告
ナビゲーションおわり
ここから本文  本文を飛ばす

b.
月例報告


 平成27年度

平成28年度
平成26年度

 

 研究発表

1 学会・研究会等への発表

(1)研究所
○脳機能系障害研究部
1井手正和、和田 真:ヒトと自閉症モデル動物の感覚間統合と感覚過敏の研究紹介 感覚とその発達メカニズムに関する研究交流会、京都大学こころの未来研究センター、2016-02-24.
○運動機能系障害研究部
1Zhao, Z., Tan, S, H., Hirata, H., Sawada, Y. Temporal association of tensin 1 and p130Cas at focal adhesions links actin inward flux to cell migration. 13th Congress of the International Society of Bone Morphometry, Tokyo, 2015-04-27/04-29. Proceedings, 2015, p.62.
2Sawada, Y. p130Cas-mediated cell mechano-sensing depends on Actin polymerization, but not Actomyosin contraction. International Symposium on Nanoarchitectonics for Mechanobiology. Tsukuba, 2015-07-29/07-30.
3Yokoyama, H., Ogawa T., Kawashima N. Nakazawa K. Shifts in the set of modules for human locomotion with speed change. 45th Annual meeting of Society for Neuroscience. Chicago. USA. 2015-10-17/10-21. Program No.519.
4新妻淳子.シーティングクリニックにおける遠隔地対応.第3回東日本大震災復興支援 リハビリテーション工学講習会 in 宮城,宮城,2015-05-30/05-31.テキスト(資料)集,2015,p.2.
5緒方徹.ロコモ度テスト臨床判断値の設定とその意義. 第88回日本整形外科学会総会 「シンポジウム」.神戸, 2015-05-21/05-24. 日本整形外科学会雑誌, 89(3), 2015, S534.
6緒方徹. ロコモ度テストによるロコモの判定. 第52回リハビリテーション医学会「シンポジウム」, 新潟, 2015-05-28/05-30. リハビリテーション医学, 52(4/5), 2015, p.15.
7藤尾公哉, 中澤公孝, 河島則天. 加齢および中枢神経疾患による静止立位動揺の変化 ―周波数解析による特徴抽出と類型化―. 第50回日本理学療法学術大会, 東京, 2015-06-05/06-07. http://confit.atlas.jp/guide/event/jpta50/subject/O-0306/detail
8緒方徹.運動器障害の重症化を防止するための適切なプロトコール開発に関する調査研究-2次調査プロトコール (LDP2 study)-.第27回運動器科学会,宮崎,2015-07-04. 運動器リハビリテーション,26(2), 2015,p.173.
9Nagao, M. A new regulator of astrocyte differentiation in the neocortex. 第32回日本神経科学大会,神戸,2015-07-28/07-31.抄録集,media.
10佐藤浩司,山本紳一郎,河島則天. Split-beltトレッドミルにおける速度比の違いが歩行の適応・学習過程に及ぼす影響. LIFE2015. 福岡, 2015-09-07/09-09, 講演予稿集,2015,CD-ROM.
11新妻淳子.褥瘡予防のための自己管理支援プログラムの試み.第30回リハ工学カンファレンス,沖縄,2015-11-13/11-15.論文集,2015,CD-ROM.
12清水悠功, 喜多村拓, 山本伸一郎, 河島則天. 磁気刺激コイル定位システムを活用した精度の高い運動野マッピング手法の開発. 日本機械学会第28回バイオエンジニアリング講演会, 東京, 2016-01-09/01-10. http://www.jsme.or.jp/conference/bioconf16/doc/Program1217.pdf
○障害工学研究部
1尾形邦裕, 中山剛, 小野栄一, 辻俊明. 体幹部の多様な姿勢と腹部変形を模擬するダミーロボット. 第33回日本ロボット学会学術講演会, 東京, 2015-09-03/09-05. 予稿集CD-ROM, 33rd, ROMBUNNO. 1I1-08.


2 論文発表:センター研究紀要以外への発表

(1)病院
1Teraguchi, M., Yoshimura, N., Hashizume, H., Muraki, S., Yamada, H., Oka, H., Minamide, A., Ishimoto, Y., Nagata, K., Kagotani, R., Tanaka, S., Kawaguchi, H., Nakamura, K., Akune, T., Yoshida, M. Metabolic Syndrome Components Are Associated with Intervertebral Disc Degeneration: The Wakayama Spine Study. PLoS One 11(2), 2016, e0147565.
2西田朋美, 林知茂, 岩波将輝, 久保明夫, 中西勉, 三輪まり枝, 山田明子, 西脇友紀, 仲泊聡.  スポーツ導入を契機にロービジョンケアを前向きに進めることができた2例. 日本ロービジョン学会誌(15), 2015, S23-S26.

(2)研究所
○運動機能系障害研究部
1Yaeshima, K., Negishi, D., Yamamoto, S-I., Nakazawa, K., Ogata, T., Kawashima, N.* Mechanical and neural changes in plantar-flexor muscles after spinal cord injury in humans. Spinal Cord. 53(7), 2015, p.526-533. *Corresponding Author
2Ogawa, T., Kawashima, N., Obata, H., Kanosue, K., Nakazawa, K. Distinct motor strategies underlying split-belt adaptation in human walking and running. PLoS One. 16;10(3), 2015, e0121951.
3Obata, H., Ogawa, T., Kitamura, T., Masugi, Y., Takahashi, M., Kawashima, N., Nakazawa, K. Short-term effect of electrical nerve stimulation on spinal reciprocal inhibition during robot-assisted passive stepping in humans. Eur J Neurosci. 42(6), 2015, p.2283-2288.
4Yaeshima, K., Negishi, D., Yamamoto, S-I., Nakazawa, K., Ogata, T., Kawashima, N.* Mechanical and neural changes in plantar-flexor muscles after spinal cord injury in humans. Spinal Cord. 53(7), 2015, p.526-533. *Corresponding Author
5Ogawa, T., Sato, T., Yamamoto, S-I., Ogata, T., Nakazawa, K., Kawashima, N.* Rhythmic arm swing enhances patterned locomotor-like muscle activity in passively moved lower extremities. Physiological Reports. 3(2), 2015, e12317. * Corresponding Author
6Imamura, O., Arai, M., Dateki, M., Ogata, T., Uchida, R., Tomoda, H., Takishima, K.
7Nicotinic acetylcholine receptors mediate donepezil-induced oligodendrocyte differentiation. Journal of neurochemistry. 135(6), 2015, p.1086-1098.
8Sugimori, M., Hayakawa, Y., Boman, BM., Fields, JZ., Awaji, M., Kozano, H., Tamura, R., Yamamoto, S., Ogata, T., Yamada, M., Endo, S., Kurimoto, M., Kuroda, S. Discovery of power-law growth in the self-renewal of heterogeneous glioma stem cell populations. PLoS One. 10(8), 2015, e0135760.
9Miyamoto, Y., Torii, T., Takada, S., Ohno, N., Saitoh, Y., Nakamura, K., Ito, A., Ogata, T., Terada, N., Tanoue, A., Yamauchi, J. Involvement of the Tyro3 receptor and its intracellular partner Fyn signaling in Schwann cell myelination. Molecular biology of the cell. 26(19), 2015, p.3489-3503.
10Kato, S., Chikuda, H., Ohya, J., Hayakawa, K., Takeshita, K., Tanaka, S., Ogata, T. Phosphorylated neurofilament subunit levels in the serum of cervical compressive myelopathy patients. Journal of clinical neuroscience. 22(10), 2015, p.1638-1642.
11Yoshimura, N., Muraki, S., Oka, H., Tanaka, S., Ogata, T., Kawaguchi, H., Akune, T., Nakamura, K. Association between new indices in the locomotive syndrome risk test and decline in mobility: third survey of the ROAD study. Journal of orthopaedic science. 20(5), 2015, p.896-905.
12Ogata, T., Muranaga, S., Ishibashi, H., Ohe, T., Izumida, R., Yoshimura, N., Iwaya, T., Nakamura, K. Development of a screening program to assess motor function in the adult population: a cross-sectional observational study. Journal of orthopaedic science. 20(5), 2015, p.888-895.
13Natori, A., Ogata, T., Yamauchi, H. A piece of the 'chemobrain' puzzle: pNF-H. Aging (Albany NY). 7(5), 2015, p.290-291.
14Ohya, J., Chikuda, H., Kato, S., Hayakawa, K., Oka, H., Takeshita, K., Tanaka, S., Ogata, T. Elevated levels of phosphorylated neurofilament heavy subunit in the cerebrospinal fluid of patients with lumbar spinal stenosis: Preliminary findings. The spine journal. 15(7), 2015, p.1587-92.
15Ogawa, T., Kawashima, N., Obata, H., Kanosue, K., Nakazawa, K. Mode-dependent control of human walking and running as revealed by split-belt locomotor adaptation. Journal of Experimental Biology. 218, 2015, p.3192-3198.
16Shinya, M., Kawashima, N., Nakazawa, K. Temporal, but not directional, prior knowledge shortens muscle reflex latency in response to sudden transition of support surface during walking. Frontiers in Human Neuroscience. 2016, doi: 10.3389/fnhum.2016.00029.
17Sumitani, M., Ueda, H., Hozumi, J., Inoue, R., Kogure, T., Ogata, T., Yamada, Y. Minocycline does not decrease intensity of neuropathic pain, but improves its affective dimension. Journal of pain & palliative care pharmacotherapy. 2015 Feb 20. [Epub ahead of print]
18喜多村拓, 八重島克俊, 山本紳一郎, 中澤公孝, 河島則天. 歩行中の経頭蓋磁気刺激を高精度で実現するための刺激コイル定位システムの開発. ライフサポート, 27(2), 2015, p.54-60.
19河島則天, 鴨志田敦史, 中川雅樹, 野月夕香理, 山本正浩. 半側空間無視症状の客観的把握のための評価ツールの開発. 総合リハビリテーション, 43(3), 2015, p.251-256.


3 研究報告書

(1)研究所
○運動機能系障害研究部
1緒方徹.脊髄損傷の個別診断による歩行訓練法選択の最適化に関する研究.平成26年度厚生労働科学研究費補助金(障害者対策総合研究事業(身体・知的等障害分野))総括・分担報告書.所沢,国立障害者リハビリテーションセンター研究所,2015-04,p.76.
2 緒方徹.脊髄損傷の個別診断による歩行訓練法選択の最適化に関する研究.平成24年度〜26年度厚生労働科学研究費補助金(障害者対策総合研究事業(身体・知的等障害分野))総合報告書.所沢,国立障害者リハビリテーションセンター研究所,2015-04,p.172.


4 総合報告

(1)研究所
○脳機能系障害研究部
1神作憲司. 脳波によるブレインマシンインターフェース. Clinical Neuroscience. 34(2): 179-182, 2016.
○運動機能系障害研究部
1河島則天. 伝導路を見る‐大脳皮質-(特集:姿勢と歩行). Clinical Neuroscience, 33(7), 2015, p.750-752.


5 著 書

(1)研究所
○脳機能系障害研究部
1井手正和、法理樹里、本名 靖:社会福祉士シリーズ5 社会調査の基礎 第3版 第2章 調査票の作成、宮本和彦・梶原隆之・山村豊 (編)、弘文堂、2016、p41-49.
2和田真, 北澤茂. 神経生理学への招待 視覚(5)一次視覚野の臨界期. Clinical Neuroscience (月刊臨床神経科学)中外医学社 Vol.34(1). p. 6-7.
3和田真, 北澤茂. 神経生理学への招待 視覚(6)Whereのストリーム(1)奥行きと面の情報処理. Clinical Neuroscience (月刊臨床神経科学)中外医学社 Vol.34(2). p. 134-5.


6 その他

(招待講演、特別講演)
(1)病院
1三輪まり枝. ロービジョン・ケアの応用と実践. 鹿児島ロービジョンフォーラム勉強会. 鹿児島, 2016-02-06.
2 三輪まり枝. 視神経萎縮に伴う中心暗点を有する生徒の視機能について(職員研修会). 所沢市立小手指中学校. 埼玉, 2016-02-24.

(2)研究所
○運動機能系障害研究部
1緒方徹.脊髄損傷慢性期の諸問題と臨床研究の動向.第8回ペインコントロール研究会,東京,2015-08-22.
2 緒方徹.脊髄損傷へのチャレンジ:運動機能から見た命.東大病院臨床研究者育成コース,東京,2015-11-06.
3 河島則天. 歩行運動出力の最適化−脊髄CPGの知見を臨床に活かす−. 第12回神経理学療法学会学術集会, 福岡, 2015-11-28/11-29.
4 緒方徹.変形性関節症と理学療法.第9回膝OAと運動・装具療法セミナー,金沢,2016-01-15.
○福祉機器開発部
1硯川潤.生活機能から考える障害者の防災 〜備えの適合を目指して〜.第20回震災対策技術展.横浜,2016-02-05.
2 硯川潤.シンポジスト.第4回「あ・い・ち・ふ・く・し」(愛知県社会福祉協議会).名古屋,2016-02-18.

(3)企画・情報部
○高次脳機能障害情報・支援センター
1中島八十一. 見えない障害を知り、思考する日本における高次脳機能障害者の支援. アメニティーフォーラム20. 大津, 2016-02-07.
2中島八十一.認知症とどう向き合うか.平成27年度緑区民生委員・児童委員全体研修会.千葉,2016-02-27.

(講義)
(1)病院
1清水朋美. 視覚障害の病理・視覚障がい者のスポーツの実際. 平成27年度障がい者スポーツ医養成講習会. 国立障害者リハビリテーションセンター, 埼玉, 2016-02-19.
2岩渕典仁.「最重度障害者スポーツの実践」平成27年度岩手県中級障がい者スポーツ指導員養成講習会.岩手,2016-02-27.

(講演・講義以外)
(1)研究所
○脳機能系障害研究部
1井手正和:自閉症スペクトラムと感覚の特徴 らっこの会 東村山 困っている子ども達を応援する親の会 学習会、東村山市社会福祉協議会、2016-02-02
○感覚機能系障害研究部
1脳とこころの研究第1回公開シンポジウム「脳と心の時代」・ポスターセッション「ブレイン-マシン・インターフェイス(BMI)による障害者自立支援機器の開発」(東京)

 

 海外派遣状況


No. 氏 名 所 属 派遣先 派遣期間 派遣目的
1清水 朋美病院韓国

平成28年 2月23日
〜 2月26日

日中韓連携事業 専門職の技術交流
2白銀 暁研究所カナダ

平成28年 2月28日
〜 3月 5日

International Seating Symposium 及びISO/WGにおける座位保持装置部品に関する規格の意見交換及び最新動向の情報収集

本文おわり:
ページの先頭に戻る(z)   トップページに戻る(o)
フッター:
問い合わせ先(c) 国立障害者リハビリテーションセンター,all rights reserved.
〔所在地〕 〒359-8555 埼玉県所沢市並木4丁目1番地 〔電話〕 04-2995-3100(代) 〔FAX〕 04-2995-3102(代)
ページおわり: ページの先頭に戻る