ページの先頭 本文へジャンプ
サイトマップ  English
現在の位置
トップページ >月例報告
ナビゲーションおわり
ここから本文  本文を飛ばす

b.
月例報告


 平成29年度

 

 研究発表

1 学会・研究会等への発表

(1)病院
1石川浩太郎,西尾信哉,宇佐美真一.当科におけるGJB2遺伝子変異による難聴症例の検討. 第62回日本聴覚医学会総会・学術講演会, 福岡市, 2017-10-20.
2大畑秀央,角田航平,成田あゆみ,北義子,渡司雅代,石川浩太郎.学習面・行動面の課題が顕在化した発達障害を合併する聴覚障害中高生の2例.第62回日本聴覚医学会総会・学術講演会,福岡市,2017-10-18/10-20.
3角田航平,北條具仁,坂田善政,石川浩太郎.文節尾の繰り返しが主症状であった学齢期吃音の症状の特徴と訓練経過.第62回音声言語医学会,仙台市,2017-10-05/10-06.

(2)研究所
①脳機能系障害研究部
1 神作憲司. ブレイン−マシン・インタフェースによるコミュニケーションと運動の補助. 第109回 ロボット工学セミナー・臨床応用から理解するリハビリテーション・ロボティクス. 2017年10月; 東京.
2 米田正樹, 高野弘二, 能勢哲, 神作憲司, 近藤清彦. 完全閉じ込め状態を呈した筋萎縮性側索硬化症患者1例に対するBrain-Machine Interfaceの使用経験. 第56回全国自治体病院学会. 2017年10月; 千葉.
3 金南憲, 貴島晴彦, 吉峰俊樹, 平田雅之, 神作憲司, 高野弘二, 藤本陽介. 皮質脳波を用いたブレイン・マシン・インタフェーイス. 第76回 日本脳神経外科学会総会. 2017年10月; 名古屋
②運動機能系障害研究部
1新妻淳子, 伊藤和幸. 褥瘡再発予防を目的とする遠隔地シーティングクリニックの事前準備としての役割.第14回日本褥瘡学会関東甲信越地方会学術集会, 山梨, 2017-10-06/10-07. プログラム・抄録集, 2017, p.47.
③感覚機能系障害研究部
1酒井奈緒美, 坂田善政, 前新直志, 見上昌睦, 川合紀宗, 森浩一. 幼児吃音の介入ガイドライン作成に向けた文献・カルテレビューによる考察. 第6回日本小児診療多職種研究会, 沖縄, 2017-10-05/10-06.
2鷹合秀輝, 大島知子. 聴覚中枢におけるNMDA受容体によるシナプス前抑制. 第62回日本聴覚医学会総会・学術講演会, 福岡, 2017-10-18/10-20.
④障害工学研究部
1星野元訓,中山剛,伊藤和幸,高嶋淳,井上剛伸,吉田由美子,岩崎 洋,飛松好子,山田真理子.三施設連携による人工呼吸器使用児に対する電動車椅子の適合−リハビリテーションセンター・通園施設・特別支援学校の連携による実用走行獲得−.第33回日本義肢装具学会学術大会.東京,2017-10-08/10-09. 第33回日本義肢装具学会学術大会講演集, 245, 2017.
⑤障害福祉研究部
1北村弥生. 避難所運営ゲームへの障害者の参加. 日本災害情報学会. 2017-10-22. 京都.
⑥義肢装具技術研究部
1沖田祐介, 山ア伸也, 中村隆, 三田友記, 久保勉, 三ツ本敦子, 阿久根徹.片側大腿切断者の下り坂歩行における非電子制御イールディング機構と立脚期の膝継手屈曲運動の影響.第33回日本義肢装具学会大会.東京,2017-10-9/10-10.
2山崎伸也、中村 隆, 久保 勉, 三田 友記, 三ツ本敦子, 別役訓子, 前野 崇, 坐骨まわりの軟部組織が少ない股関節離断に対する採型方法の工夫.日本義肢装具学会学術大会講演集.33,2017,p.186.
3中村 隆, 三ツ本敦子,丸山貴之,前野正登,飛松好子.大腿切断端の軟部組織組成に関する考察, 第33回日本義肢装具学会学術大会, 2017-10-08, TFTホール(東京・江東区).
4三ツ本敦子, 中村隆, 丸山貴之, 前野正登, 飛松好子.大腿切断端の硬さとその要因に関する考察. 第33回日本義肢装具学会学術大会学術大会講演集, 33: p.134, 2017.

(3)学院
①義肢装具学科
1丸山貴之,中村隆,三ツ本敦子,前野正登,飛松好子.“大腿ソケット形状の定量的考察”.第33回日本義肢装具学会学術大会.東京,2017-10-08/10-09.
2徳井亜加根,岡田充弘,新谷康介,嶋孝倫,春原るみ,塩田琴美.“ダイナミックスプリントのMP関節保持角度に関する一考察”.第33回日本義肢装具学会学術大会.東京,2017-10-08/10-09.
3中村喜彦,星野元訓,樋口幸治,緒方徹,飛松好子.“レーサー型車椅子におけるC6頚髄損傷者の姿勢保持と競技力に関する研究”.第33回日本義肢装具学会学術大会.東京,2017-10-08/10-09.
4星野元訓,中山剛,伊藤和幸,高嶋淳,井上剛伸,吉田由美子,岩ア洋,飛松好子,山田真理子.“三施設連携による人工呼吸器使用児に対する電動車椅子の適合−リハビリテーションセンター・通園施設・特別支援学校の連携による実用走行獲得−”.第33回日本義肢装具学会学術大会.東京,2017-10-08/10-09.
5野原耕平,徳井亜加根,星野元訓,梅崎多美,塩田琴美,Raldy Mariano.“走行用足部と日常生活用足部の違いによる走行の変化ー下腿切断者によるSingle Case Studyー”.第33回日本義肢装具学会学術大会.東京,2017-10-08/10-09.
6中村隆,三ツ本敦子,丸山貴之,前野正登,飛松好子.“大腿切断端の軟部組織組成に関する考察”.第33回日本義肢装具学会学術大会.東京,2017-10-08/10-09.
7三ツ本敦子,中村隆,丸山貴之,前野正登,飛松好子.“大腿切断端の硬さとその要因に関する考察”.第33回日本義肢装具学会学術大会.東京,2017-10-08/10-09.
8Rumi Sunohara, Takamichi Takashima, Akane Tokui, Kotomi Shiota, Kosuke Shintani, Mitsuhiro Okada. “Design Protocol of the Dynamic Splinting Based on Determined MP Joint Impedances”. The 1st Asia-Pacific Occupational Therapy Symposium. Taipei, 2017-10-20/10-22.

2 研究報告書

(1)学院
①義肢装具学科
1徳井亜加根,星野元訓,野原耕平,梅崎多美,塩田琴美.“日常生活用義足と陸上競技用義足の走行比較による中高生義足ユーザーに向けた足部選択及びトレーニング法の提案”.平成29年度 公益財団法人 石本記念デサントスポーツ科学振興財団研究成果報告書


3 著 書

(1)研究所
①脳機能系障害研究部
1神作憲司. ブレイン-マシン・インターフェイスのリハビリテーション分野への応用. オーグメンテッド・ヒューマン, 暦本純一(編集). エヌ・ティー・エス, (印刷中)
2Sato, Y., Kawase, T., Takano, K., Spence, C., Kansaku, K. Incorporation of prosthetic limbs into the body representation of amputees: Evidence from the crossed hands temporal order illusion. Progress in Brain Research, (in press)


4 教育・実務資料

(1)研究所
①障害工学研究部
1外山滋. スマートセンシングの基礎と応用. 環境・福祉分野におけるスマートセンシング調査研究委員会監修, シーエムシー出版, pp. 121-135, pp. 148-151, 2017-10-05.


5 その他

(招待講演,特別講演)
(1)病院
1深津玲子.〜福祉系就労支援研究から〜難病のある人の就労系福祉サービスの利用実態とニーズ. 難病のある人の福祉サービス活用による就労支援シンポジウム, 那覇市,2017-10-22.
2清水朋美.みんなで学ぼう!〜見えにくさとロービジョンケア〜.第71回日本臨床眼科学会市民公開講座「知ればこんなに変わる視覚障がい者の暮らし」,東京,2017-10-12/10-15.
3三輪まり枝.視覚障害児の見え方と視覚補助具.埼玉県立特別支援学校塙保己一学園小学部研修会,埼玉県,2017-10-31.
4北條具仁.吃音のグループ認知行動療法.第62回日本音声言語医学会総会・学術講演会 シンポジウム吃音診療の新しい展開,仙台市,2017-10-05/10-06.

(2)研究所
①福祉機器開発部
1白銀暁. 理学療法領域における臨床評価の問題点と今後の展望. ニューロリハビリシンポジウム2017.東京. 2017-10-21.
①義肢装具技術研究部
1三ツ本敦子. シンポジウム 電動 筋電義手のこれから:国立障害者リハビリテーションセンターにおける筋電電動義手普及への取り組み.第33回日本義肢装具学会学術大会. 東京. 2017-10-08/10-09.

(3)学院
①言語聴覚学科
1北義子.難聴乳幼児への支援の視点―「自己の感情認識」と「他者の意図理解」を軸に「親子関係」の育ちを支える―.第62回日本音声言語医学会総会・学術講演会.宮城県,2017-10-6

(4)企画・情報部
①高次脳機能障害情報・支援センター
1深津玲子, 高次脳機能障害に関する国の施策の動向 社会的行動障害を中心に, 東京都高次脳機能障害者相談支援研修会, 東京,2017, 2017-10-31.

(講演、講義)
(1)病院
1三輪まり枝.ロービジョン医学1.国際医療福祉大学保健医療学部視機能療法学科特別講義,栃木県,2017-10-21.
2山田明子.ロービジョン医学2.国際医療福祉大学保健医療学部視機能療法学科特別講義,栃木県,2017-10-27.
3大舘千歳. ICFの概念と障害. 国立障害者リハビリテーションセンター学院脳卒中リハビリテーション看護認定看護師教育課程,国立障害者リハビリテーションセンター学院.埼玉,2017-10-17.
4粕谷陽子. 脳卒中の排尿管理 座位耐性訓練 背面開放端座位 ポジショニング.国立障害者リハビリテーションセンター学院脳卒中リハビリテーション看護認定看護師教育課程,国立障害者リハビリテーションセンター学院.埼玉,2017-10-3/10-19.
5粕谷陽子.成人看護学リハビリテーションを必要とする人の看護 脳卒中のリハビリテーション看護 高次脳機能障害の看護,所沢看護専門学校.所沢市,2017-10-26.
6篠崎菜穂子.脳卒中急性期重篤化回避の支援技術 廃用症候群の予防技術.国立障害者リハビリテーションセンター学院脳卒中リハビリテーション看護認定看護師教育課程,国立障害者リハビリテーションセンター学院.埼玉,2017-10-4/10-20/10-24.
7篠崎菜穂子.成人看護学リハビリテーションを必要とする人の看護 脳卒中リハビリテーション看護,所沢看護専門学校.所沢市,2017-10-19.
8金子育世. 生活再構築のための支援技術. 国立障害者リハビリテーションセンター学院脳卒中リハビリテーション看護認定看護師教育課程,国立障害者リハビリテーションセンター学院.埼玉,2017-10-16/10-23.

(2)研究所
①障害工学研究部
1中山剛. スイッチ. 平成29年度理学療法士研修会(資料).国立障害者リハビリテーションセンター学院. 埼玉, 2017-10-13.

(講演・講義以外)
(1)学院
①義肢装具学科
1根岸和諭.調査・その他1(座長).一般口演15.第33回日本義肢装具学会学術大会.東京,2017-10-08/10-09.
2 星野元訓.大腿切断・膝継手(座長).一般口演14.第33回日本義肢装具学会学術大会.東京,2017-10-08/10-09.

 

 海外派遣状況


No. 氏 名 所 属 派遣先 派遣期間 派遣目的
1 北村 弥生 研究所 オーストラリア 平成29年10月30日
〜11月3日
「国連第17回 国際障害統計のワシントングループ会議」への参加と情報収集

本文おわり:
ページの先頭に戻る(z)   トップページに戻る(o)
フッター:
問い合わせ先(c) 国立障害者リハビリテーションセンター,all rights reserved.
〔所在地〕 〒359-8555 埼玉県所沢市並木4丁目1番地 〔電話〕 04-2995-3100(代) 〔FAX〕 04-2995-3102(代)
ページおわり: ページの先頭に戻る