ページの先頭 本文へジャンプ
サイトマップ  English
現在の位置
トップページ >月例報告
ナビゲーションおわり
ここから本文  本文を飛ばす

b.
月例報告


 平成29年度

 

 研究発表

1 学会・研究会等への発表

(1)病院
1Hiroshi Kurumadani, Mieko Shinomiya, Natsumi Kobayashi, Toru Sunagawa, Reiko Fukatsu, WALKING SPEED INFLUENCES ON GAIT CHARACTERISTICS IN ADULTS WITH AUTISM SPECTRUM DISORDER, XXVI Congress of the International Society of Biomechanics, Queensland, Australia,2017-07-26.

(2)研究所
①脳機能系障害研究部
1Sato, Y., Kawase, T., Takano, K., Kansaku, K. Effect of synchronous movement of an EMG controlled robotic arm on robot hand illusion in amputees. The 40th Annual Meeting of Japan Neuroscience Society. July 2017; Chiba, Japan.
2 Kawase, T., Koike, Y., Kansaku, K. A BMI-based robotic exoskeleton for neurorehabilitation and daily actions: hybrid control based on EMG and SSVEP for elbow and wrist. The 40th Annual Meeting of Japan Neuroscience Society. July 2017; Chiba, Japan.
②感覚機能系障害研究部
1酒井奈緒美, 森浩一. 幼児吃音に関する幼稚園教諭の経験と知識. 第43回日本コミュニケーション障害学会学術講演会, 名古屋, 2017-07-08/07-09.
2灰谷知純, 酒井奈緒美, 森浩一. 成人吃音者に対する、心理面に焦点を当てた認知行動療法的介入の効果研究のレビュー. 第43回日本コミュニケーション障害学会学術講演会. 名古屋, 2017-07-08/07-09.
③義肢装具技術研究部
1Atsuko Mitsumoto, Nobuya Yamasaki, Takashi Nakamura, Tomoki Mita, Tsutomu Kubo, Ayako Yano, Yusuke Okuma, Toru Akune, Yoshiko Tobimatsu. Characteristics of New Amputees Who Visited the Brace Clinic at NRCD in the Past 10 Years. 日本義肢装具士協会学術大会講演集,24: p.326-327, 2017.
2T. Nakamura, S. Toyama “Development of a novel thin shear stress sensor for quantitative evaluations of prosthetic socket fit.” 第24回日本義肢装具士協会学術大会, 2017-7-22, 福岡国際会議場(福岡県・福岡市)
3Okita Y, Yamasaki N, Nakamura T, Mita T, Kubo T, Mitsumoto A, Akune T. Foot clearance and placement during step-over-step stair descent in persons with unilateral transfemoral amputation using a hydraulic stance yielding knee. 26th Congress of International Society of Biomechanics. Brisbane, Australia, 2017-7-23/2017-7-27


2 論文発表:センター研究紀要以外への発表

(1)研究所
【国際誌】
①脳機能系障害研究部
1Okahara, Y., Takano, K., Komori, T., Nagao, M., Iwadate, Y., Kansaku, K. Operation of a P300-based brain-computer interface by patients with spinocerebellar ataxia. Clinical Neurophysiology Practice, 2:147-153, 2017.
②感覚機能系障害研究部
1Oshima-Takago, T., Takago, H. NMDA receptor-dependent presynaptic inhibition at the calyx of Held synapse of rat pups. Open Biol. 2017-07, 170032. doi: 10.1098/rsob.170032.


3 総合報告

(1)病院
1清水朋美.Q.1「ロービジョンケア」ってどういう状態?「ロービジョンケア」って何?.眼科ケア,19(8):P.6-8,2017.
2清水朋美.Q.2「ロービジョン検査判断料」って何?.眼科ケア,19(8):P.9-11,2017.

(2)研究所
①障害工学研究部
1中山剛, 伊藤和幸, 依田育士. 重度運動機能障害者向けジェスチャ認識スイッチインタフェースに関する研究. 月刊「地域ケアリング」7月臨時増刊号. 2017, vol.19, no.7, pp.66-67.
2東 祐二, 外山 滋, 中山 剛. 障害工学研究部における脊髄損傷者等の肢体不自由者の支援研究の紹介. 国リハニュース. 2017, no.361, pp.12-14.


4 著 書

(1)研究所
①脳機能系障害研究部
1神作憲司. 注意に関連した脳波信号のブレイン-マシン・インターフェイスへの応用. Clinical Neuroscience(印刷中)
2神作憲司. ブレイン-マシン・インターフェイスのリハビリテーション分野への応用. オーグメンテッド・ヒューマン, 暦本純一(編集). エヌ・ティー・エス, (印刷中)


5 その他

(招待講演,特別講演)
(1)研究所
①福祉機器開発部
1白銀暁. 車椅子(手動・電動)・座位保持装置. 平成29年度身体障害者更生相談所身体障害者福祉司等実務研修会. 埼玉, 2017-05-16
2井上剛伸. 福祉機器最新の動向.  平成29年度福祉機器専門職員研修会.埼玉,2017-07-05.
3白銀暁. 車椅子(手動・電動)・座位保持装置. 平成29年度福祉機器専門職員研修会.埼玉, 2017-07-06.

(講演、講義)
(1)病院
1清水朋美.視覚障がい者の障害区分.平成29年度全国障害者スポーツ大会障害区分判定研修会.越前市福祉健康センター.福井,2017-07-07/07-09.
2清水朋美.判定の実際(2).平成29年度全国障害者スポーツ大会障害区分判定研修会.越前市福祉健康センター.福井,2017-07-07/07-09.
3清水朋美.判定の実際(3).平成29年度全国障害者スポーツ大会障害区分判定研修会.越前市福祉健康センター.福井,2017-07-07/07-09.
4清水朋美.視覚障害の原因となる眼科疾患と補装具.平成29年度第3回障害福祉支援者研修.横浜市総合リハビリテーションセンター.横浜,2017-07-13.
5清水朋美.リハビリテーション・ロービジョン.平成29年度防衛医科大学校 4年眼科講義.防衛医科大学,埼玉,2017-07-21.
6清水朋美.視覚障害者支援と補装具概論.平成29年度第1回視覚障害者用補装具適合判定医師研修会.厚生労働省.埼玉,2017-07-27/07-29.
7清水朋美.視覚リハビリテーション.平成29年度第1回視覚障害者用補装具適合判定医師研修会.厚生労働省.埼玉,2017-07-27/07-29.
8清水朋美.診断書等の書き方と事例.平成29年度第1回視覚障害者用補装具適合判定医師研修会.厚生労働省.埼玉,2017-07-27/07-29.
9林 知茂.視覚障がい.平成29年度中級障がい者スポーツ指導員養成講習会.郡山ユラックス熱海.福島,2017-07-20/07-23.
10林 知茂.IT機器(タブレット型端末).平成29年度第1回視覚障害者用補装具適合判定医師研修会.厚生労働省.埼玉,2017-07-27/07-29.
11林 知茂.視覚障害者スポーツ.平成29年度第1回視覚障害者用補装具適合判定医師研修会.厚生労働省.埼玉,2017-07-27/07-29.
12山本正浩.認知作業療法の基礎「認知行動療法の活用 症例の概念化」.認知作業療法研究会基礎研修.東京,2017-07-04.
13山本正浩.認知作業療法の基礎「認知行動療法の活用 認知的技法と行動的技法」.認知作業療法研究会基礎研修.東京,2017-07-11.
14大畑秀央.成人のコミュニケーション障害と会話のコツ.新座市社会福祉協議会,新座市,2017-07-10.
15三輪まり枝.明日からできる!ロービジョンケア−ORTの技術を活かして−.第32回函館眼科検査会講演.北海道, 2017-07-01.
16三輪まり枝.実習T:ハイパワープラス眼鏡.平成29年度第1回視覚障害者用補装具適合判定医師研修会. 厚生労働省,埼玉,2017-07-27.
17山田明子.実習T:遮光眼鏡.平成29年度第1回視覚障害者用補装具適合判定医師研修会.厚生労働省,埼玉,2017-07-27.
18三輪まり枝,山田明子,西脇友紀.実習U:偏心視のアドバイス・必要倍率の算定方法・拡大鏡・弱視眼鏡・拡大読書器.平成29年度第1回視覚障害者用補装具適合判定医師研修会.厚生労働省,埼玉,2017-07-27.
19中西勉.実習V ガイド・ 疑似体験.平成29年度第1回視覚障害者用補装具適合判定医師研修会.厚生労働省,埼玉,2017-07-27.
20三輪まり枝,山田明子,西脇友紀,中西勉.実習W.平成29年度第1回視覚障害者用補装具適合判定医師研修会.厚生労働省,埼玉,2017-07-28.
21三輪まり枝.小児のロービジョンケア.平成29年度第1回視覚障害者用補装具適合判定医師研修会.厚生労働省,埼玉,2017-07-28.
22三輪まり枝,山田明子,西脇友紀.実習X 疑似症例.平成29年度第1回視覚障害者用補装具適合判定医師研修会.厚生労働省,埼玉,2017-07-29.

(2)学院
①手話通訳学科
1木村晴美.手話の社会言語学,お茶の水大学,東京都,2017-07-03.
2野口岳史.言語学からみた日本手話について,平成29年度第2回戸田市登録手話通訳者研修会,埼玉県,2017-07-04.
3木村晴美.手話という言語について,一橋大学大学院,東京都,2017-07-10.
4木村晴美.手話通訳士試験対策講座・現任研修,長崎県手話通訳士協会,長崎県,2017-07-22/23.
5宮澤典子.翻訳通訳の基本と指導、翻訳通訳の基本と実践−ろう者の社会参加を保障する手話通訳−,平成29年度青森県手話通訳士養成担当講師研修会,青森県,2017-07-22/23.
6野口岳史.言語学からみた日本手話について,夏季手話講習会,埼玉県立特別支援学校坂戸ろう学園,埼玉県,2017-07-26.

(講演・講義以外)
(1)病院
1清水朋美.〜視覚障害編〜平成29年度東京都障害者発掘事業「障害者スポーツクラス分けリーフレット」原稿執筆.完成日2017-07-24

(2)研究所
①障害工学研究部
1東 祐二. 介護ロボットの開発普及に関する動向と今後について. 介護ロボット導入のための展示体験会&研修会. 青森, 2017-07-27.

 

 海外派遣状況


No. 氏 名 所 属 派遣先 派遣期間 派遣目的
1 高嶋 淳 研究所 韓国(済州島) 平成29年7月11日
〜7月16日
The 39th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society (EMBC’17)
2 小出  顕生 研究所 タイ 平成29年7月19日
〜7月28日
タイ国要援護高齢者等のための介護サービス開発プロジェクト終了時評価調査に参加
3 沖田 祐介 研究所 オーストラリア 平成29年7月19日
〜7月28日
第16回バイオメカニクスの計算機シミュレーションに関する国際シンポジウム・第26回国際バイオメカニクス学会大会
4 井上 剛伸 研究所 ドイツ(ケルン)
スイス(ジュネーブ)
平成29年7月30日
〜8月6日
ISO/TC173/SC2/WG12 GREAT Summit
5 中山 剛 研究所 ドイツ(ケルン) 平成29年7月30日
〜8月3日
国際標準機構(ISO)の福祉用具の用語と分類に関する国際会議に参加する。

本文おわり:
ページの先頭に戻る(z)   トップページに戻る(o)
フッター:
問い合わせ先(c) 国立障害者リハビリテーションセンター,all rights reserved.
〔所在地〕 〒359-8555 埼玉県所沢市並木4丁目1番地 〔電話〕 04-2995-3100(代) 〔FAX〕 04-2995-3102(代)
ページおわり: ページの先頭に戻る