論文・学会発表

論文

Tomoya Nakai and Kazuo Okanoya (2016) Shared Basis For Language And Mathematics Revealed By Cross-domain Syntactic Priming. The Evolution of Language: Proceedings of the 11th International Conference (EVOLANG11). Available online: http://evolang.org/neworleans/papers/163.html.

Emiliano Zaccarella, Lars Meyer, Michiru Makuuchi, and Angela D. Friederici. Building by syntax: The neural basis of minimal linguistic structures. Cereb Cortex, accepted.

Andrea Santi, Angela D. Friederici, Michiru Makuuchi and Yosef Grodzinsky. An fMRI Study Dissociating Distance Measures Computed by Broca’s Area in Movement Processing: Clause boundary vs Identity. Front Psychol. 2015; 6: 654. Published online 2015 May 20. doi: 10.3389/fpsyg.2015.00654.

Yamaguchi K, Nakamura K, Oga T, Nakajima Y ; (2014) "Eating tools in hand activate the brain systems for eating action: A transcranial magnetic stimulation study". Neuropsychologia. 59: 142-147.

Nakamura K, Makuuchi M, and Nakajima Y (2014) Mirror-image discrimination in the literate brain: a causal role for the left occpitotemporal cortex. Front. Psychol. 5:478. doi: 10.3389/fpsyg.2014.00478.




学会発表

国際学会発表

Tomoya Nakai and Kazuo Okanoya (2016) Shared Basis For Language And Mathematics Revealed By Cross-domain Syntactic Priming. The 11th International Conference on the Evolution of Language (EVOLANG11), 35, New Orleans, US.

Tomoya Nakai, Hiroaki Maeshima, Chihiro Hosoda, and Kazuo Okanoya (2016) The reduced GABA concentration with absolute pitch possessors reveled by magnetic resonance spectroscopy. Workshop on Auditory Neuroscience, Cognition and Modelling, 20, London, UK.

Tomoya Nakai, Hironori Nakatani, Chihiro Hosoda, Yulri Nonaka, and Kazuo Okanoya (2015) Modulation of Neural Activity in the Human Reward System by Different Levels of Instructions during an Insight Problem Solving Task. International Symposium Adolescent brain & mind and self-regulation, A-5, Tokyo, Japan.

Yamaguchi K, Nakamura K, Igarashi G, Masahiro M, Nakajima Y : Neural mechanism of eating action - clinical application for severe dementia -. 16th International Congress of the World Federation of Occupational Therapists, 2014.6.18-21 Yokohama.

Yamaguchi K, Nakamura K, Oga T, Nakajima Y ; "Eating tools in hand activate the brain systems for eating action: A transcranial magnetic stimulation study" Cognitive Neuroscience Annual Meeting, 2013.4. San Francisco.

国内学会発表

岩渕俊樹・幕内充.文処理脳メカニズムにおける構造的距離と線的距離の処理負荷の分離.日本言語学会第153回大会,福岡大学,2016年12月3日-4日(発表日:3日).

岩渕俊樹・平井真洋・横田英典・櫻田武・渡辺英寿・乾 敏郎.文理解における情報統合の脳内メカニズム:皮質脳波(ECoG)による検討.ニューロコンピューティング研究会,玉川大学,2016年3月22日 -23日(発表日:23日).

水落(遠藤)智美・岩渕俊樹・幕内充.音声知覚における脳神経ダイナミクス:口形提示による影響.第1回坂本勉記念神経科学研究会,沖縄,2016年2月20日-21日(発表日:20日)).

中井智也、中谷裕教、細田千尋、岡ノ谷一夫 (2015). 洞察問題解決におけるヒ ント教示法による脳活動の変化:fMRI研究. 第20回認知神経科学学会学術集会, 10005, 東京

岩渕俊樹・水落(遠藤)智美・幕内充.かき混ぜ文の処理における名詞句の長さの影響:実験研究.日本言語学会第151回大会,名古屋,2015年11月28日-29日(発表日:29日).

岩渕俊樹・平井真洋・横田英典・櫻田武・渡辺英寿・乾 敏郎.皮質脳波(ECoG)を用いた文理解における脳活動ダイナミクスの検討.第39回日本神経心理学会学術集会,札幌,2015年9月11日.

岩渕俊樹・乾 敏郎.他者の行動推定と言語における階層性:fMRI実験による検討.ニューロコンピューティング研究会,徳島,2015年7月18日.

岩渕俊樹・乾 敏郎.心の理論における階層性の処理に関する検討.日本認知心 理学会第12回大会,仙台,2014年6月28日-29日(発表日:28日).




著書

幕内充 「成人失語」 発達科学ハンドブック 8 脳の発達科学 第14章、日本発達心理学会 (編集) 榊原 洋一、米田 英嗣 (責任編集)、 新曜社 (2015/9/1)、344ページ、ISBN-10: 4788514443、ISBN-13: 978-4788514447.




招待講演

幕内充 「fMRI study of Japanese」 慶應義塾大学 戦略的研究基盤形成支援事業・コミュニケーション行動の生涯発達研究拠点 LSDCOM講演会「言語とコミュニケーションの脳科学」 2017年7月31日

幕内充 「fMRI による文処理の脳メカニズムの研究」 東京大学大学院 総合文化研究科 進化認知科学研究センター 駒場MRI 実験施設立ち上げシンポジウム 2017年3月27日

幕内充 「言語処理における階層構造構築の脳基盤」 早稲田大学 CELESE(理工学術院英語教育センター)BLIT(言語・推論・思考の脳科学研究ユニット)合同コロキアム 「言語と人間知性の神経基盤を求めて」 2016年10月20日

幕内充 「文処理と言語野」 首都大学東京 言語の脳遺伝学研究センター「次世代人材育成のための言語と心の脳科学研究プロジェクト」公開シンポジウム 2016年9月30日




PAGE TOP