• Home
  • 国際セミナー
国際セミナー

毎年、国内外から講演者を招き、障害やリハビリテーションに関するテーマでセミナーを行っています。(過去のセミナーについてはこちら)


「高齢化社会とリハビリテーション
-誰もが必要なリハビリテーションを受けられるようにするために-」

1 趣旨
 現在、世界では生活習慣病等の慢性疾患の増加や高齢化が進み、潜在的にリハビリテーションの必要性が高まっている一方で、リハビリテーションを必要とする人々全てがそのサービスを受けられてはいない状況にあるとWHOは述べています。このような状況のもと、WHOでは、各国の保健医療システムにおけるリハビリテーションの強化に向けた世界的取組みについて“WHOリハビリテーション2030”会議等において検討を行っています。
 本セミナーではアジア太平洋地域と日本において特に高齢化の側面からリハビリテーションがどのよう取り組まれているのか、WHO、オーストラリア、カンボジア、日本から発表を行い、リハビリテーションを必要としている誰もがサービスを受けられるようにするための課題等について考えます。

2 日時:平成30年2月18日(日)13:30~17:00

3 会場:東京国際フォーラム ホールD7

4 主催:国立障害者リハビリテーションセンター
(障害の予防とリハビリテーションに関するWHO指定研究協力センター)

5 使用言語:日本語、英語(同時通訳付き)、要約筆記、手話通訳

6 定員:120名

7 参加費:無料

8 申し込み:別紙参加申込書をFAX、メールまたは郵送でお送り下さい。
メールの場合は本文に必要事項を記載していただいても結構です。
申し込み締め切りは、2月5日(月)です。
但し、会場が満席になり次第締め切らせていただきます。
【参加申込書】
申し込みを締め切りました

9 連絡先:事務局 国立障害者リハビリテーションセンター
企画課国際協力室 長根、白津、内出
TEL 04-2995-3100(内2148、2149、2150) FAX 04-2995-3661
E-mail whoclbc@rehab.go.jp
住 所 359-8555 埼玉県所沢市並木4-1

プログラム

12:30~13:30 受付
(総合司会:堤 裕俊 国立障害者リハビリテーションセンター企画・情報部長)

13:30 開会挨拶 飛松好子 国立障害者リハビリテーションセンター総長

13:40~14:10 基調講演 「WHO Rehabilitation 2030」
Darryl Barrett
WHO西太平洋地域事務局テクニカルリード

14:10~14:20 休憩

14:20~15:50 発表

1.「リハビリテーションと高齢者-オーストラリアの視点から-」
Ian Cameron
シドニー大学 ジョンウォルッシュリハビリテーション研究センター教授

2.「カンボジアの高齢者に関する国家活動計画としての保健医療・福祉行動計画」
Kol Hero
カンボジア保健省予防医療部 部長

3.「地域包括ケア時代に向けた千葉リハビリテーションセンターの取り組み」
吉永 勝訓
千葉県千葉リハビリテーションセンター センター長

4.「障がい者の加齢と健康維持・増進」
緒方 徹
国立障害者リハビリテーションセンター 病院
障害者健康増進・運動医科学支援センター長

15:50~16:05 休憩

16:05~16:50 ディスカッション、質疑応答 
(進行役:山田英樹 国立障害者リハビリテーションセンター企画統括官)

16:55~17:00 閉会挨拶 飯島 節 国立障害者リハビリテーションセンター自立支援局長