フッター:
ページの先頭 本文へジャンプ

サイトマップ  English 
現在の位置
トップページ国立障害者リハビリテーションセンター自立支援局利用を希望される方 >利用申込みの方法 自立訓練(機能訓練・生活訓練)、就労移行支援
ナビゲーションおわり



国リハ宿舎(施設入所支援)を利用しながら職リハの職業訓練を受講する場合
 職リハには、職リハ専用の宿舎がありませんので、通所することが困難な場合は、国リハの宿舎(施設入所支援)を利用しながら訓練を受けることになります。したがって、市区町村による就労移行支援と施設入所支援の支給決定を受ける必要があります。
(1)  国リハへの申し込み
 施設利用申込書(国リハ様式1)の職業リハビリテーションセンター(就労移行支援相当サービス)及び施設入所支援(介護等給付)の2つの希望欄に丸印を記入して、必要に応じ診断書等の関係書類を添えて提出してください。
 市区町村では、就労移行支援と施設入所支援(要 障害程度区分)の支給申請を行って、「障害福祉サービス受給者証」の交付を受けてください。
 利用承諾の可否と利用開始日は、提出された書類をもとに決定し、ご本人及び市区町村あて通知します。
 市区町村から交付された障害福祉サービス受給者証をお持ちのうえ、利用開始日にお越し下さい。
(2)  職リハへの申し込み
 職リハでの職業訓練の手続きは、国リハの利用開始日が決まりましたら、職リハ職業評価課から別途申し込み書類一式が送付されてきますので、管轄の公共職業安定所(ハローワーク)経由で手続きしてください。
(3)  利用の開始
 利用に当たっては、「重要事項説明書」によって当センターのサービス内容等の説明行い、同意(署名と捺印)をいただきます。同意後に利用契約書によって契約を結び利用が開始されます。
(4)  利用開始後の流れ
 国リハでのオリエンテーション(2〜3日)終了後に、約1週間をかけて職リハの職業評価が実施されます。
 職業評価により合格した場合は、所定の手続きを経て職リハに入校することになります。不合格の場合は、国リハの関係職員と相談し、今後の方向性を決めていただきます。

(注) 職リハに入所が決定した後で、国リハ宿舎(施設入所支援)の利用手続きを行うことはできませんので、十分注意してください。



本文おわり:
ページの先頭に戻る(z) ページ先頭へ   ご利用の申し込み方法に戻る(o) ↑
フッター:
問い合わせ先(c) 国立障害者リハビリテーションセンター,all rights reserved.
〔所在地〕 〒359-8555 埼玉県所沢市並木4丁目1番地 〔電話〕 04-2995-3100(代) 〔FAX〕 04-2995-3102(代)
ページおわり: ページの先頭に戻る