モデル事業の報告書

概要

【はじめに】

 ○ 高次脳機能障害とは、

   外傷性脳損傷、脳血管障害などの器質性脳病変の後遺症として、

  ・ 記憶障害

  ・ 注意障害(注1)

  ・ 遂行機能障害(注2)         

  ・ 社会的行動障害(注3)                            

   などの認知障害等を呈するものであり、                      

 ○ これにより、日常生活や社会復帰に困難を来す者が少なくない。            

 ○ したがって、これらの者を支援するためのサービス提供のあり方について、    
       知見を集積する必要がある。                             

 

【現  状】                                          

 ○ 高次脳機能障害の症状は、 一見して認識することが困難。                    

 

 ○ 当事者及び家族においては、                                                            


 

 ○ 医療・福祉関係者においては、                                                         

                                                                                                                

                                                                                                                                                                                 
                                                                                                                                                                                
                                                                         


【調査概要】    

 国立障害者リハビリテーションセンター、12自治体の地方拠点病院等において、高次脳機能障害を有することにより、支援の必要性が高いと判断された者に対し、試行的に訓練や支援等を実施しながら、基礎的データを収集・分析。

 ○ 調査期間  平成13年8月24日平成15年1月14日

 ○ 対象者数  324名(うち、訓練対象者173名、支援対象者168名 重複あり)

 ○ 全登録者の状況 

   ・ 平均年齢     33.0歳 ( 20歳代:38.3%、30歳代:24.7% )

   ・ 性 別      男性:78%、女性:22%

   ・ 障害者手帳所持  50% ( 身体:46%、精神:10%、療育:% 重複含む )

   ・ 原因となる疾患等 外傷性脳損傷 :80%20歳代に多い)

                 脳血管障害    :14%50歳代に多い)

   ・ 身体機能の障害  あり:64%

 

 ○ 高次脳機能障害の状況 

 ・ 症 状  記憶障害:88%、注意障害:78%、遂行機能障害:74%

          いわゆる社会的行動障害などの認知障害に属するもの:約50%

 ・ 検 査 -画像検査により、原因となる脳病変が明らかなもの:92%

       -神経心理学的検査については、統一的に行われている検査法はなかった。

 

 

○ 訓練(リハビリテーション)の状況 

・ 主に利用する機関 病院:62%、身体障害者更生援護施設:26%ほか

・ 効 果    -注意障害、遂行機能障害、社会的行動障害等は、5~10(調査期間中)%の者が改善。

                 -記憶障害等は、大きな改善はみられず。

・ 多くの職種が関わっている。

 

         

 

 ○ 地域生活における支援の状況 

      ・ 主に利用する機関  病院:38%、身体障害者更生援護施設:28%

                  身体障害者福祉センターA型:9%

                  小規模作業所:9%、身体障害者通所授産所:8%ほか

       ・ 当事者のニーズ   身体介助:27%、社会復帰支援:28% 

       ・ 主に支援している機関 身体障害者更生援護施設:20%、

                                              病院:19%、身体障害者授産施設:14%、小規模作業所:14%ほか

   ・  支援の調整機関    病院:43%、身体障害者更生援護施設:38%ほか

   ・ 支援計画        平均4名が、30分~1時間をかけ作成 

        ・ 支援の内容                  施設利用、在宅支援、就学・就労等、多岐にわたる

                    

 

【今後の予定】     

 ○ 平成15年度においては、

  ・ 引き続き、試行的に訓練や支援等を実施することにより、さらに知見を集積する。

以下の現時点における課題について、さらに検討を進める

< 今後の課題 >

 1.対応の体系化

 受傷・発症から地域生活に至るまで、それぞれの時期における状態とニーズ等を踏まえた対応について、一連の流れとして整理する。

  2.医療サービスに関する対応

   ・ 原因疾患等の受傷・発症時(急性期)の対応

   ・ 回復期の対応

   ・ 高次脳機能障害の有無の診断

 3.福祉サービス等に関する対応

   ・ 社会福祉施設等における対応

   ・ 地域における対応

   ・ 就業・就学

   ・ 権利擁護

 4.適切な情報の提供

   ・ 国民の啓発

   ・ 行政、医療、福祉等の関係者への対応


参考:高次脳機能障害支援モデル事業 参加自治体、地方拠点病院等

道府県など 拠点病院 
北海道・札幌市北海道大学医学部附属病院
宮城県 
東北厚生年金病院 
埼玉県 
埼玉県総合リハビリテーションセンター 
千葉県
千葉県千葉リハビリテーションセンター 
神奈川県 
神奈川総合リハビリテーションセンター 
岐阜県 
木沢記念病院 
三重県 
松阪中央総合病院
藤田保健衛生大学七栗サナトリウムリハビリテーションセンター
大阪府 
大阪府立身体障害者福祉センター 
岡山県 
川崎医科大学医学部附属病院 
広島県 
広島県身体障害者リハビリテーションセンター 
福岡県・北九州市・福岡市 
久留米大学医学部附属病院 
名古屋市
名古屋市総合リハビリテーションセンター

(注1)注意障害
: ぼんやりしていて、何かをするとミスばかりする。ふたつのことを同時にしようとすると混乱する。

(注2)遂行機能障害

: 自分で計画を立ててものごとを実行することができない。人に指示してもらわないと何もできない。いきあたりばったりの行動をする。

(注3)社会的行動障害

本中間報告書では、以下のようなものを指して社会的行動障害という。

1 依存性・退行

: すぐに他人を頼るようなそぶりを示したり、子供っぽくなったりすること。 

2 欲求コントロール低下

: 我慢ができなくて、何でも無制限に欲しがること。好きなものを食べたり、飲んだりすることばかりでなく、お金を無制限に遣ってしまうことにもみられる。

3 感情コントロール低下

: 場違いの場面で怒ったり、笑ったりすること。ひどい場合には、大した理由もなく、突然感情を爆発させて暴れることもある。

4 対人技能拙劣

: 相手の立場や気持ちを思いやることができなくなり、良い人間関係をつくることが難しいこと。

5 固執性

: 一つのものごとにこだわって、容易に変えられないこと。いつまでも同じことを続けることもある。

6 意欲・発動性の低下

: 自分では何もしようとはしないで、他人に言われないと物事ができないようなボーとした状態。

7 抑うつ

: ゆううつな状態が続いて、何もできないでいること。良く尋ねれば、何をするかは分かっている。

 など

報告書

平成13年度~平成15年度のまとめ(PDF:116KB)

中間報告報告書(H13-H15).pdf(PDF:152KB)

平成16年度高次脳機能障害支援モデル事業実施報告

平成17年度高次脳機能障害支援モデル事業実施報告