対象疾患と特色

「言葉の遅れ」や「発音がはっきりしない、発音がうまくできない」18歳以下の方を対象としています。まず初回の受診で聴力検査と診察を行い、後日に言語聴覚士と連携して言葉の評価を行います。これらの結果を見ながら言語訓練の方針を立てていきます。受診希望の際は予約センターで当専門外来の予約を取った上で受診をしてください。

外来担当表(完全予約制)

曜日
午前 石川 浩太郎
午後