新生児聴覚スクリーニング検査を産科で行い、要精査と言われて精密検査を希望される乳児、難聴が疑われる小児、すでに補聴器をお使いで調整を希望する小児、人工内耳の相談を希望される小児など、15歳以下のお子さんが対象です。

この外来では、医師と言語聴覚士が連携し、お一人に1時間という十分な時間を取って、年齢に応じた聴力評価、補聴器、人工内耳の相談や適合、難聴児童の療育相談、指導など、きめ細かい総合的な難聴診療を行います。

小児難聴外来を初めて受診される方、久しぶりに受診される方は、予約センターで予約を取ることはできません。まずは、月・水・金の耳鼻咽喉科一般外来(石川担当)の診察と聴力検査の両方の予約の上、御来院ください。一般外来で診察後に小児難聴外来の予約を取らせていただきます。

外来担当表(完全予約制)

曜日
午前
午後 石川 浩太郎