国立障害者リハビリテーションセンター研究所 >福祉機器開発部 >認知症の福祉機器の研究開発

認知症のある人の福祉機器展示館

(最終更新日時:2013年4月18日)

 海外では,認知症者の福祉機器の利便性が広く認知されており,福祉機器をインターネットで購入できるお店があったり,福祉機器の情報を提供するサイトが豊富にあります。それと比べて,日本国内では認知症者の福祉機器を購入できるお店がなく,福祉機器の利便性を実感できる機会がありません。したがって,国内における福祉機器への理解者を増やし,福祉機器を求める声を大きくしていく必要があります。
 そこで,認知症のある人の福祉機器展示館を2007年の12月7日に開設しました。この展示館には,皆さまが生活されているような居住空間の中に,約80点の福祉機器を展示しています。認知症のある方やそのご家族の方に,福祉機器のある生活を体験していただき,福祉機器が認知症者の自立を支えるパートナーとなることを理解していただくことを目指しています。福祉機器の理解者が増え,福祉機器を求める声が大きくなれば,認知症者の生活の中に福祉機器を導入できる日が近づくはずです。

■ 特徴

  日常生活に近い居住空間の中で機器を試用してもらうことにより,自宅に機器を導入した場合の利便性を実感できる

  ホームパーティなどのイベントを開催し,認知症のある方々,その家族の方々,地域の方々が楽しく交流できる場を提供する予定

福祉機器展示館の外観の写真です 福祉機器展示館の内観の写真です 福祉機器展示館の内観の写真です

■ 是非,見学にいらしてください

 見学をご希望の方は,以下までお気軽にお問い合わせください。見学日時は,ご希望にそえるように調整いたします。
  担当者  間宮 郁子
  住所  〒359-8555 埼玉県所沢市並木4-1
       国立障害者リハビリテーションセンター研究所 福祉機器開発部 
  電話   04-2995-3100 (内線 2523)
  FAX   04-2995-3132
dementia@rehab.go.jp

■ 場所

 西武新宿線 航空公園駅 東口 または 新所沢駅 東口 から 徒歩15分

福祉機器展示館の場所の地図です

トップページに戻る