国立障害者リハビリテーションセンター(以下、「センター」という)では、公的研究費等の適正な運営・管理を行うための基本方針を策定し、不正防止対策に取り組みます。

国立障害者リハビリテーションセンターにおける公的研究費等の不正防止対策に関する基本方針(PDF)


「センター」における、公的研究費等の適正な運営・管理を行うための対応などを以下に示します。

  1. 責任体制の明確化
  2. 適正な運営・管理の基盤となる環境の整備
  3. 不正を発生させる要因に対する不正防止計画の策定・実施
  4. 情報の伝達を確保する体制の確立
  5. モニタリングおよび内部監査のあり方

1 責任体制の明確化

センターにおける公的研究費等を適正に管理・運営するため、「最高管理責任者」、「統括管理責任者」、「コンプライアンス推進責任者」、「コンプライアンス推進副責任者」を置いています。
1) 最高管理責任者は、国立障害者リハビリテーションセンター総長とし、研究費の運営・管理について最終責任を負います。
2) 統括管理責任者は、国立障害者リハビリテーションセンター研究所長とし、研究費の運営・管理についてセンター全体を統括する責任及び権限を持ちます。
3) コンプライアンス推進責任者は、総長が指名した脳機能系障害研究部長とし、研究費の運営・管理について責任及び権限を持ちます。

2 適正な運営・管理の基盤となる環境の整備

センターにおける公的研究費等を適正に管理・運営するため、「公的研究費に関する管理・監査規程」などを策定しているほか、研究倫理教育の受講を進めています。

国立障害者リハビリテーションセンターにおける研究費に関する管理・監査規程(PDF)

国立障害者リハビリテーションセンターにおける公的研究費等の適正使用に関する行動規範(PDF)


3 不正を発生させる要因に対する不正防止計画の策定・実施

公的研究費等の不正使用を発生させる要因に対する不正使用防止計画を策定・実施しています。

国立障害者リハビリテーションセンターにおける公的研究費等の不正使用防止計画(PDF)


4 情報の伝達を確保する体制の確立

「外部競争的資金補助金等経理事務取扱マニュアル」を作成し研究者がいつでも閲覧できる状態にしてあるほか、研究費の使用や申請等の事務処理手続きに関しセンター内外からの相談を受け付ける窓口を設置しています。
また、研究上の不正行為及び研究費の不正使用に関し、センターの内外からの通報や情報提供を受け付ける相談窓口を設置しています。

公的研究費等の事務処理手続き及びルールに関する相談窓口について

研究不正行為・研究費不正使用にかかる相談・通報窓口について


5 モニタリングおよび内部監査のあり方

公的研究費等の適正な運営・管理等を徹底するため、内部監査チームによる内部監査及びモニタリングを実施することとしています。


最終更新日:2016年5月23日