国立障害者リハビリテーションセンター

支援機器
イノベーション
創出のための
情報基盤構築に
関する研究
(国研)日本医療研究開発機構
障害者対策総合研究開発事業
TOP > 研究について
prev

研究について

支援機器イノベーション創出のための情報基盤構築に関する研究について

 平成26年に日本が批准した国連障害者権利条約では,その第四条 一般的義務 第一項の中に,支援機器の開発と利活用の促進が謳われています.支援機器は,障がいのある人々の基本的な権利の享有に,欠かせない存在です.しかし,その開発から利活用に至るプロセスには関与者が多く,また一般製品とは異なる課題が山積しているために,支援機器の実用的な利活用までスムーズに進められない現状があります.
 その解決策として,利用者,開発・製造者,供給者,専門職,行政が,それぞれ有する問題意識や知見,情報などを共有し,協働して取り組むこと,すなわち支援機器イノベーションの創出が重要です.国立障害者リハビリテーションセンターでは,それを実現するために,国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)【長寿・障害総合研究事業 障害者対策総合研究開発事業】「支援機器イノベーション創出のための情報基盤構築に関する研究(平成26~28年度)」を実施し,基礎情報,人材育成,当事者からの情報創発に資する基盤構築に取り組んでいます.
 このホームページでは,この研究プロジェクトで得られた成果を公開し,支援機器の様々な関与者の方々に知って頂くために,情報を発信していきます.

支援機器イノベーション創出のための情報基盤構築に関する研究について

ページ上部へ