義肢装具技術研究部では義肢(義手・義足)・装具の製作及び修理をおこなっています。
国立施設として、民間では対応が難しい次のような症例も対象としています。

多肢切断の方
重複障害のある方
特殊な目的で使用される義肢装具が必要な方
生まれつき手や足に変形がある、または欠損の方、乳・幼児 

 

義肢装具製作のご案内 

筋電義手試用評価サービス

先天性上肢形成不全の方のための義手の試用評価と訓練

 

 

義肢装具製作のご案内

 

義肢装具の製作及び修理を希望される方は、まず病院の外来受診をお願いします。
リハビリテーション科・整形外科外来(月~金、午前中)または補装具診(火曜日、午前10:30~)の受診予約をしてください。

「補装具診」は義肢装具に関する相談と検討をおこなう特別診です。
どのような義肢装具が適しているか判断が難しい場合は、適用のための試用評価をする場合があります。


病院受診案内のページ
外来受診予約に関するお知らせ
義肢装具に関する個別のご質問はこちらへ。


 

筋電義手試用評価サービス

 

筋電電動義手の普及のために、上肢切断者の方へ筋電電動義手の試用評価サービスを行っています。
・労災保険による筋電電動義手の支給対象が、平成25年度より拡大されました。国立障害者リハビリテーションセンターは指定医療機関のひとつに指定されています。
・障害者総合支援法の殻構造義手に電動式が追加されました。
(詳細は筋電義手試用評価サービスのページへ)
 

 

 

先天性上肢形成不全の方のための義手の試用評価と訓練

 

先天性上肢形成不全の方(乳幼児を含む)に対する義手の試用評価と訓練を病院リハビリテーション部と協働で行っています。(詳細はこちらのページへ)