18福祉工学カフェ

 障害当事者のニーズを起点とした課題解決型人材育成プログラムの取組み

~医療・福祉系、デザイン系、工学系の学生チームによる支援機器開発の取組みと成果、今後
(ニーズ&アイデア フォーラム2017)~


日  時      20171221日(木) 13:00~16:3012:00開場、試作品の展示開始)
  場  所      大同生命霞ヶ関ビル 12階 NEDO分室 (千代田区霞が関1-4-2  ☞アクセス http://www.nedo.go.jp/content/100528379.pdf

共  催      国立障害者リハビリテーションセンター研究所

国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO

情報保障     要約筆記、手話通訳
参加無料

※なお、当日、会場内にて広報用の写真撮影を行います。ご承知おきください。

チラシ(PDF) A4サイズ(2ページ)

プログラム 講師などの都合により、予定が変わることがあります。

講師などの都合により、予定が変わることがあります。

12:00  開場

13:0013:10  開会挨拶

   飯島  節 (国立障害者リハビリテーションセンター 自立支援局 局長) 

13:1013:30  企画の趣旨説明

 小野 栄一 (国立障害者リハビリテーションセンター 研究所 所長) 
  柴野 由梨 (国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)     

                        イノベーション推進部プラットフォームグループ 主任) 

13:3014:10  学生チームによる成果発表、※試作品の展示有り
14:1014:40   成果に対するコメント

  茂木 有希子 (株式会社ハート&アート代表取締役・作業療法士)

  佐藤  史子 (横浜市総合リハビリテーションセンター 地域リハビリテーション部担当部長地域支援課 課長・理学療法士)

  吉本  浩二 (富士通株式会社 マーケティング戦略本部

  司会 : 伊藤祐子 (首都大学東京 健康福祉学部 作業療法学科 准教授・作業療法士)

14:4015:00  試作品に関わる意見交換(一般来場者) 展示をご自由にご覧になり学生と直接お話しください。

15:0015:40  特別講演

  講師 : 河添 竜志郎 (株式会社くますま 代表取締役・理学療法士)

  司会 : 串山 久美子 (首都大学東京 システムデザイン研究科 教授)

15:4016:30  フォーラム(ディスカッション)

  1. 参加学生による取組みに対する総括

  2.特別講演講師、ゲストコメンテーター、関係者、来場者による総合ディスカッション

  司会 : 東 祐二 (国立障害者リハビリテーションセンター 障害工学研究部 部長)

16:3016:40    閉会挨拶

  小野 栄一 (国立障害者リハビリテーションセンター 研究所 所長)  



展示・発表  医療・福祉系、デザイン系、工学系の学校からなる3つの学生チーム
・医療系:首都大学東京(荒川キャンパス)
・デザイン系:首都大学東京(日野キャンパス)
・工学系:東京電機大学

  ※17:00 閉場

【展示紹介】
学生さんの試作品以外に参加者にご参考となりそうな以下の物を展示協力いただきました。

①「生活に役立つ道具や機器 ~身近なものからロボットまで~」

   首都大学東京 健康福祉学部 http://www.hs.tmu.ac.jp/

②「リハビリテーションに有用な福祉用具の紹介 ~手作り自助具からジェスチャインタフェースまで~」

   一般社団法人 東京都作業療法士会http://tokyo-ot.com/tokyo_ot/index.html

 ③「ICT利活用のコーディネートの出来るセラピストの育成等活動の紹介」

    ICTリハビリテーション研究会http://www.ictrehab.com/
https://ja-jp.facebook.com/ictrehab/ 
④「尿道ステント治療の紹介」

   医療法人社団鳳優会http://www.homecareclinic.or.jp/

2016年度のニーズ&アイデア フォーラム(後期)

2016年のニーズ&アイデア フォーラム(前期)

2015年度のニーズ&アイデア フォーラム

2014年度のニーズ&アイデア フォーラム