義肢装具技術研究部
Department of Prosthetics and Orthotics
サイトマップ  English 
リハビリセンタートップページ研究所義肢装具技術研究部義肢装具ユーザーの方へ>用語解説


義肢装具の用語解説


1.補装具とは

障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律(障害者総合支援法)において、「「補装具」とは、障害者等の身体機能を補完し、又は代替し、かつ、長期間にわたり継続して使用されるものその他の厚生労働省令で定める基準に該当するものとして、義肢、装具、車いすその他の厚生労働大臣が定めるものをいう。」と定義されています。失われた身体部位や、損なわれた機能を代償したり補う為に給付される以下のものの総称です。
・視覚障害
盲人安全つえ・義眼・眼鏡
・聴覚障害
補聴器
・肢体不自由
義肢、装具、座位保持装置、車いす、電動車いす、座位保持いす、起立保持具、歩行器、頭部保持具、排便補助具、歩行補助つえ
・その他
重度障害者用意思伝達装置

なお、厚生労働省「補装具等の見直しに関する検討委員会」(平成17年6月)において、補装具の定義は次のように整理されています。
  1. 身体の欠損又は損なわれた身体機能を補完、代替するもので、障害個別に対応して設計・加工されたもの。
  2. 身体に装着(装用)して日常生活又は就学・就労に用いるもので、同一製品を継続して使用するもの。
  3. 給付に際して専門的な知見(医師の判定書又は意見書)を要するもの。


2.義肢と装具

義肢とは
 「切断により四肢の一部を欠損した場合に、元の手足の形態または機能を復元するために装着、使用する人工の手足」(JIS用語)のことをいいます。腕(上肢)や脚(下肢)、を失った方が装着して、失われた外観や動きを取り戻すための器具機械であり、大きく分けて腕(上肢)を失った方が装着する「義手」と脚(下肢)を失った方が装着する「義足」に分けることができます。

装具とは
  「四肢・体幹の機能障害の軽減を目的として使用する補助器具」(JIS用語)のことをいいます。腕(上肢)や脚(下肢)、胴体(体幹)の働きや動きに障害のある方が装着して、患部の保護、回復の補助、変形の防止、運動の補助などを目的として使用します。

義肢・装具の写真


3.製作と修理

 障害者総合支援法では、「補装具の種目、購入又は修理に要する費用の額の算定等に関する基準」(厚生労働省告示第528号)において、義肢装具もしくは部品の耐用年数が設けられています。原則的には耐用年数を過ぎると再び義肢装具を「製作」(ユーザーから見れば「購入」)することができます。耐用年数内に義肢装具に不具合が生じた場合には、部分的な交換をおこなうことによって対応することとなり、これを「修理」といいます(例えばソケットが適合不良になった場合のソケットの交換など)。

4.特例補装具

 身体障害者・児の障害の現症、生活環境その他真にやむを得ない事情により、告示に定められた補装具の種目に該当するものであっ て、定められた名称、型式、基本構造等によることができない補装具のことを特例補装具と言います。
 障害者総合支援法では、「補装具の種目、購入又は修理に要する費用の額の算定等に関する基準」(厚生労働省告示第528号)において、支給対象となる義肢装具の形式、工作法、部品、価格等の基準が設けられています。しかし、障害の状況によってはこの基準内で必要な義肢装具を製作することが難しい場合があります(例えば基準で認められていない部品を使用する必要がある場合など)。このような場合には、特例補装具として申請をおこないます。
参考資料特例補装具・判定困難事例集(2010.3)(PDF版)

5.完成用部品

障害者総合支援法等の公的制度を利用して義肢装具および座位保持装置を完成させるに必要な部品を完成用部品といいます。現在、国内外の多くのメーカーより義肢装具および座位保持装置の部品が開発されています。しかし、公的な支給制度を利用する場合には、それらすべてが使えるわけではなく、厚生労働省の基準に採用された部品(完成用部品)を使用します。完成用部品は工学的試験評価と臨床的試験評価を行ない、第Ⅰ類補装具評価検討会(完成用部品指定審査)の検討を経て厚生労働省により採用が決定されます。完成用部品以外の部品を使用したい場合は特例補装具として申請をします。
 なお、完成用部品としてどのような部品があるかは、テクノエイド協会のホームページに完成用部品のデータベースがありますのでご参照ください(関連リンクのページよりアクセスしてください)。


 
  
最終更新日:2013年5月10日
本文おわり:
フッター:
お問い合わせは hosougu@rehab.go.jp まで 
(c) 国立障害者リハビリテーションセンター研究所義肢装具技術研究部 ,all rights reserved.
〔所在地〕 〒359-8555 埼玉県所沢市並木4丁目1番地 〔電話〕 04-2995-3100(代) 〔FAX〕 04-2995-3667(代)
ページの先頭に戻る