サービスの説明
利用定員 日課時限 カリキュラム 利用開始から修了までの流れ
あはき師試験合格率 卒業生の進路 業績の蓄積 研究・研修会活動 学校評価実施結果報告
1.サービス内容:サービスの説明

 (1)就労移行支援(養成施設)(以下「養成施設」という。)のサービス提供目的

 視覚に障害のある方に対して「あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師等に関する法律(昭和22年法律217号)(以下「法」という。)による、あん摩マッサージ指圧師、はり師及びきゅう師の国家資格を取得することを目的にサービスを提供します。

 (2)法令準拠

 養成施設は、法、法施行令、法施行規則、法に係る学校施設認定規則及び養成施設、指導要領により、あん摩マッサージ指圧、はり、きゅう(以下「あはき」という。)のあん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師養成のための教育を行っています。

また、授業時間関連では、専修学校設置基準や大学設置基準などを準用しています。

 (3)養成施設と専修学校や身分との関係

    養成施設では、文部科学省の専修学校(あはき)としての指定も受けています。

    専門課程の卒業生には、医療分野専門士の称号を付与されます。

高等課程の卒業生は、「高等学校卒業と同等以上の学力があると認められる者」と指定されます。

 (4)養成施設の教育目標

社会に貢献し得る有能な施術者として自立と社会参加できるように支援することを目標としています。

 (5)養成施設での教育の実施

    「卒業の先に希望が持てるプログラム」を準備しています。

    教育内容は、認定規則に基づいて行われています。

    いろいろの学習手段を活用し学習に役立てています。

    また、PCを駆使した情報処理も学習しています。

拡大本、ICレコーダー、ルーペ、電子辞書、拡大読書器、PCなどを活用した学習をしています。 PCを使用した授業の写真です。
はり実技の様子の写真です。 きゅう実技の様子の写真です。
学習支援の様子の写真です。


(6)正課の授業以外での補習や講座の実施

    ①正課授業の補習を実施しています。

    ②国家試験受験対策として特別補講を実施しています。

    ③基礎学力向上を目指した学習支援を実施しています。

 (7)進路支援の実施

    ①進路支援講座

    ②臨床研修講座を開催しています。

    ③職場(福祉施設や医療施設など)見学実習を実施しています。

 (8)卒業生に対する支援

①組織として、就労相談室を設置し在所中からの進路・開業・就職などに関する支援を行っています。

    ②職域拡大のために、学識経験者を含めた「職場開拓検討委員会」を開催しています。

③卒業生に対しては、日進月歩するあはきの技術の更なる向上を目指すための研修などを実施しています。

    ④職域による研修会を開催しています。

      ア 特別養護老人ホーム勤務者卒後研修会

      イ ヘルスキーパー従事者卒後研修会

      ウ 卒後特別研修会

2.養成施設(理療教育)各課程の利用期間、利用定員及び利用期間

 (1)あん摩マッサージ指圧、はり、きゅう専門課程3年

     1学年3学級、1学級定員12名

 (2)あん摩マッサージ指圧、はり、きゅう高等課程5年

     1学年1学級、1学級定員12名

   ※各学級には、担任を配置し学習や生活などの相談に応じています。

3.日課時限

 宿舎を利用している方の日課時限は、以下のとおりとなっています。なお、通所の方は8時50分から17時までの昼間での利用となります。

月曜日から金曜日まで、教科科目毎に授業時間割を組んで教育を行っています。

 (日課時限)

7時00分 起床
7時00分~7時30分 洗面・清掃
7時30分~8時45分 朝食
8時45分~9時00分 連絡会
9時00分~9時45分 1時限目
9時55分~10時40分 2時限目
10時50分~11時35分 3時限目
11時45分~12時30分 4時限目
12時30分~13時30分 昼食
13時30分~14時15分 5時限目
14時25分~15時10分 6時限目
15時20分~16時05分 7時限目
16時15分~17時00分 8時限目
18時00分~19時00分 夕食
21時30分~ 点呼
22時00分 消灯

※宿舎を利用する方の入浴時間は15時00分~21時20分までとなっています。

4.カリキュラム

(1)カリキュラムの概略は、基礎分野、専門基礎分野及び専門分野の3分野となります。

(2)各課程のカリキュラムの詳細は、専門課程カリキュラム、高等課程カリキュラムをご覧ください。

(ア)カリキュラム

専門課程カリキュラム表 高等課程カリキュラム表

(イ)新カリキュラム(平成30年度第1学年より適用)

専門課程新カリキュラム表 高等課程新カリキュラム表

(3)各教科の教科指導内容は、授業科目の指導概要を御覧ください 。

授業科目の概要

(4)前期、後期の二期制で教育が行われています。

5.利用開始から卒業(修了)までの流れ

利用開始は、毎年4月となります。

利用契約締結後に、オリエンテーション(環境確認、理療教育概要、諸規則の説明、健康診断など)を行います。

各期末での成績評価、学年末では進級評価を行い、所定の単位修得により進級となります。

進級基準の単位修得に満たないときには、原級にとどまることとなります。

卒業年度の学年末評価で、卒業又は修了基準に達した方は、卒業又は修了となります。

平成30年度理療教育第40回卒業式

平成30年度理療教育第39回入所式

平成29年度理療教育第39回卒業式

平成29年度理療教育第38回入所式

平成28年度理療教育第38回卒業式

6.あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師国家試験の結果

第26回国家試験結果

7.卒業(修了)生の進路

(1)昭和54年から平成20年度までの卒業・修了生の数は1445名です。

(2)進路状況では、

 開業38%、治療院等への就職14%、病院等医療機関への就職13%、特別養護老人ホームなどの福祉施設への就職5%、企業内ヘルスキーパーとして就職4%、進学研修3%、学校施設への就職1%、その他家庭等22%となっています。

(3)障害者雇用の拡大を目指して「ヘルスキーパー制度導入のための手引書」(平成23年12月発行第5版)はこちら

(4)「あはき師進路ガイドブック~自立をめざしていま、羽ばたくあなたへ~」(2010年3月)を発行しました。

8.業績の蓄積

 平成元年・2年度(合本)から「理療教育部研究・業績集」を編纂しています。

 また、平成11年度からは、理療教育部研究業績集「業務抄録編」並びに「臨床・教育研究編」の二分冊構成として業績の蓄積を図っています。

内容の一部は、下記よりご覧頂けます。

平成26年度 理療教育 研究・業績集(第25号)PDF形式

平成25年度 理療教育 研究・業績集(第24号)PDF形式

平成24年度 理療教育 研究・業績集(第23号)PDF形式

9.研究・研修会活動

 理療に関する知識や技術の一層の向上のため、就労移行支援(養成施設)理療教育を利用中の方、卒業(修了)した方を対象とした多くの研究会や研修会を適宜開催しています。

平成30年度の研究・研修会活動はこちらから

平成29年度の研究・研修会活動はこちらから

平成28年度の研究・研修会活動はこちらから

平成27年度研究・研修会活動はこちらから

10.学校評価(自己評価)実施結果報告
学校評価(自己評価)実施結果報告

 就労移行支援(養成施設)では、学校教育法等に基づき、あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師の養成施設として、自ら施設運営や教育活動などの状況について自己評価を行い、その結果を公表するとともに、必要な改善を図り教育活動等の向上に資することとしています。

平成29年度学校評価(自己評価)

平成28年度学校評価(自己評価)

平成27年度 学校評価(自己評価)

平成26年度 学校評価(自己評価)